肌悩み解決

白ニキビを一晩で治す方法はある?正しいケア方法を解説!

白ニキビを一晩で治す方法はある?正しいケア方法を解説!

  • 気になる白ニキビを一晩で治したい……
  • 白ニキビを一晩で治せる薬はある?
  • そもそも白ニキビがができる原因を解消したい

この記事を読んでいるあなたは今、上記のように考えているかもしれません。

そこでこの記事では、白ニキビは一晩で治せるのかや、治りを早くするための薬・スキンケアについて解説します。

顔にできる白ニキビは目立つため、できるだけ早く治したい人はぜひ参考にしてください。

オンライン ニキビ治療「ANS.(アンス)」

ニキビでお悩みですか?ANS.は、スマホを通じて医師に相談、診察(無料)。あなたに合ったオーダーメイド処方のニキビ治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

白ニキビを一晩で治すのは難しい

拡大鏡を覗く男性白ニキビを一晩で治すのは容易ではありません。

しかし、白ニキビはニキビの中でも炎症前段階のため、より進んだ状態である赤ニキビや黄色ニキビと比較すれば早く収めることができます。

ニキビの元となる角栓ができないように治療を行い、炎症を起こした赤みのあるニキビへと進行しないように処置が必要です。

以降で白ニキビの効く処方薬や市販薬、スキンケア方法について紹介しますので、正しい方法でケアをしましょう。

白ニキビを治すうえで知っておきたい3つの原因

考える男性白ニキビの治療方法を説明する前に、そもそもなぜ白ニキビができるのか、その原因を解説します。

  1. 皮脂の過剰分泌
  2. ターンオーバーの乱れ
  3. 乾燥や紫外線のダメージ

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌白ニキビの原因として皮脂の過剰分泌が挙げられます。

ストレスが増加すると、交感神経が刺激され、コルチゾールなどのストレスホルモンが分泌されます。これが皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌が増加します。

湿度や気温の変動、油分の多い化粧品や油っこい食事も皮脂分泌が増える原因となります。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れターンオーバーが乱れると、ニキビができやすい肌になります。

肌のターンオーバーは、新しい皮膚細胞が生まれ、古い角質が剥がれるサイクルで、通常は一般的に28日周期で行われます。(年齢とともに延長します)

正常なターンオーバーが保たれることで、古い角質が適切に剥がれ、新しい細胞が表面に現れることができます。

しかし、ターンオーバーが乱れると、古い角質が過剰に残り、それが毛穴の詰まりやニキビの原因となります。

乾燥や紫外線のダメージ

乾燥や紫外線のダメージ乾燥や紫外線などの外的要因もニキビに関係しています。

乾燥すると角質層が乾燥し、肌表面が硬くなって老廃物が肌にたまりやすくなります。

また、 乾燥した状態では、肌は水分を保つために皮脂を過剰に分泌しようとします。これが毛穴の詰まりを招く原因となります。

紫外線はDNAに損傷を与え、肌の正常な機能を乱すことがあります。これがターンオーバーの乱れや異常な細胞増殖を引き起こし、ニキビの原因となります。

白ニキビをすぐに治すのに役立つ処方薬|内服薬

処方薬ここからは、白ニキビに有効とされる内服薬を紹介します。

  1. ハイチオール
  2. ユベラ
  3. ビフロキシン

ハイチオール

ハイチオール
効果 シミ・そばかすの改善
肌荒れの改善
疲労改善
アレルギーの改善
二日酔いの改善
副作用 悪心や下痢、口渇、軽度の腹痛など

ハイチオールは、抗酸化作用があり、酸化ストレスを軽減することが期待できる内服薬です。

紫外線やストレスによって引き起こされる肌の酸化ストレスを抑制し、肌の健康を保つ効果があります。

ハイチオールの抗酸化作用により、皮脂の分泌を調整する効果があり、過剰な皮脂分泌による毛穴の詰まりを軽減し、ニキビの発生を抑制することが期待できます。

抗酸化物質は炎症を軽減する作用があり、炎症ニキビの鎮静も図れます。

ユベラ

ユベラ
効果 血行促進によるシミ・肝斑・ニキビ跡の改善
抗酸化作用によるシワ・たるみ・シミの改善
副作用 便秘、胃部不快感、下痢、発疹など

ユベラ(ビタミンE)は、強力な抗酸化作用を有し、ニキビ治療にも用いられます。

ビタミンEは皮膚の新陳代謝を促進するため、古い角質が効果的に剥がれ、新しい細胞が生成されやすくなって毛穴のつまりの改善が期待できます。

ビタミンEはメラニン色素の沈着を防ぐ効果があり、ニキビが治った後の色素沈着に効果があると言われています。

ビタミンEの抗酸化作用は、炎症を軽減し、ニキビの治癒を助ける可能性もあります。

ビフロキシン

ビフロキシン
効果 ビタミンB2、B6欠乏または代謝障害が関与すると思われる湿疹、皮膚炎群、口唇炎・口角炎・口内炎などの治療
副作用 手足のしびれ、知覚異常など

ビフロキシン配合錠は、ビタミンB2とB6の合成剤で、軽い症状から炎症が強いニキビまで広範囲に適用できる内服薬です。

ビタミンB2は 糖質や脂質の代謝を助け、エネルギー代謝を正常化し、、健康な肌や髪、爪をサポートします。

また、脂質代謝を促進し、皮脂の過剰分泌を抑制することでニキビや脂漏性皮膚炎の改善が期待できます。

ビタミンB6は脂質代謝を促進し、皮脂の過剰分泌を抑制し、ニキビを改善します。

これらの働きが組み合わさってニキビに効果を発揮します。

内服薬を服用するにあたって、自分にとってどれが良いのか悩まれるのではないでしょうか。求めている効果はもちろんのこと、自身の肌に合った薬を服用していくことが早期の改善につながります。

ANS.(アンス)では、肌診断を無料で実施しております。まずは診断を受けてから、ぴったりな治療を進めていきましょう。

白ニキビをすぐに治すのに役立つ処方薬|外用薬

処方薬白ニキビに有効な外用薬は、以下4つがおすすめです。

  1. アダパレン
  2. エピデュオ
  3. ベピオ
  4. アゼライン酸

アダパレン

アダパレン
効果 皮膚のターンオーバーを促進
皮膚の角化調節による毛穴詰まりの改善
副作用 赤み、ヒリヒリ感、皮むけ、乾燥など

アダパレンは、角化細胞の分化を抑制し、過剰な角質が毛穴を詰まらせるのを防げる外用薬です。主に白ニキビや黒ニキビの改善に用いられます。

また、皮膚のターンオーバーを促進し、正常な新陳代謝を促し肌の健康をサポートする作用もあります。

アダパレンを使用する際は、日中は日焼け止めの使用が推奨されます。肌が敏感になりやすくなるため、紫外線から肌を保護することが重要です。乾燥の副作用を予防するために、保湿剤を同時に用いることも多いです。

アダパレンの先発品がディフェリンで、こちらもよく利用されます。

エピデュオ

効果 ニキビを引き起こすブドウ球菌・アクネ菌の活動を抑える
詰まった角質を薄く剥がして毛穴のつまりを除去
副作用 赤み、ヒリヒリ感、皮むけ、乾燥などの刺激症状

エピデュオは、アダパレンと過酸化ベンゾイルの2つの有効成分を組み合わせたニキビ治療薬です。

皮膚の角化を調整し、毛穴のつまりを改善する効果があるので白ニキビや黒ニキビなど、初期段階のニキビに対して特に有効です。

過酸化ベンゾイルの殺菌作用により、ニキビの原因菌であるアクネ菌の増殖を抑制します。

また、ピーリング作用により、毛穴つまりを改善し、角質を剥がす働きがあります。

2つの有効成分が連携して働くことで、毛穴のつまりやアクネ菌の増殖を効果的に抑え、ニキビの改善を促進します。

ベピオ

効果 ニキビの原因菌の増殖を予防
ピーリング作用による毛穴のつまり除去
副作用 表皮のはがれ、肌の赤み、刺激感、乾燥など

ベピオは、主成分として抗菌作用と角質の剥離作用を持つ過酸化ベンゾイルが含まれる外用薬です。

アクネ菌や黄色ブドウ球菌などのニキビの原因菌に対して抗菌作用があります。

皮膚表面の古い角層を取り除くことで、毛穴の詰まりを改善し、ニキビの予防や治療をサポートします。

ベピオゲルは初期段階のニキビ、特に白ニキビや黒ニキビに対して効果があります。

また、炎症を鎮める効果があるので炎症が起きた赤ニキビにも使用されます。

アゼライン酸

アゼライン酸
効果 毛穴詰まりの改善
ニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消
副作用 皮膚の赤み、熱感、ピリピリとした痛み、乾燥、かゆみなど

アゼライン酸は、日本において医療用医薬品としては認められておらず、主にスキンケア製品として使用されます。海外では、主にニキビや赤ら顔(酒さ)などの治療薬として使われています。

アゼライン酸の効果は「角化」を抑制し、肌を整えることです。さらに皮脂分泌抑制作用は 過剰な皮脂分泌を抑え、毛穴のつまりを防ぎます。

また、アゼライン酸によりニキビ菌の増殖を抑制するため、白ニキビや赤ニキビの治療に用いられます。

塗り薬を利用する上で、自身のお肌に合わないものでは肌トラブルを起こしかねません。そこで、自身の肌質やトラブルの原因、ニキビの状態に応じて適切な治療をしていく必要があります。

自身の肌に合った薬を服用していくことで、早期の改善につながるでしょう。

ANS.(アンス)では、肌診断を無料で実施しております。まずは診断を受けてから、ぴったりな治療を進めていきましょう。

白ニキビをすぐに治すのに役立つ市販薬3選

白ニキビをすぐに治すのに役立つ市販薬3選では、ドラッグストアで入手できて、すぐに取り入れられる市販薬を紹介します。

  1. イハダ アクネキュアクリーム
  2. オロナインH軟膏50gチューブ
  3. アンナザルベエース

イハダ アクネキュアクリーム

イハダアクネキュアクリーム

出典:資生堂

効果 ニキビ、吹き出物
副作用 発疹・発赤,かゆみ,刺激感(ヒリヒリ感),はれ(腫脹),乾燥化(つっぱり感)

イハダ アクネキュアクリームは、資生堂が販売する第2類医薬品であり、にきびや吹き出物を治療するためのジェルクリームタイプの薬です。

イブプロフェンピコノールイソプロピルメチルフェノールの2つの主要な有効成分が配合されています。

イブプロフェンピコノールは、ニキビの炎症を鎮める効果があり、炎症が原因で発生したニキビに対して効果を発揮します。

イソプロピルメチルフェノールはアクネ菌を殺菌する効果があり、ニキビの原因となる細菌の繁殖を抑制します。

大人のニキビに最適な、さっぱりとした使用感が特徴です。

オロナインH軟膏50gチューブ

オロナインH軟膏50g

出典:大塚製薬

効果 切り傷・すり傷の殺菌・消毒、しもやけ、あかぎれ、にきび、吹出物、はたけ、やけど(軽いもの)など
副作用 発疹・発赤、かゆみ、はれ・乾燥、ひびわれなど

オロナインH軟膏は、第2医薬品に分類される消毒薬で、低水準消毒のグループに分類され、一般細菌に対して効果があります。

皮膚への刺激が少なく、嫌な臭いがありません。低濃度では細菌の増殖を抑え、高濃度では細菌を死滅させる作用があります。

配合されているクロルヘキシジングルコン酸塩はアクネ菌に対する殺菌作用があり、そのためニキビにも効果が期待できます。

アンナザルベエース

アンナザルベエース

出典:エスエス製薬

効果 開口・皮脂排出、吸収・乾燥、消炎・殺菌
副作用 皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ

アンナザルベ・エースは、エスエス製薬から出ている第2分類医薬品で、ニキビ治療にも用いられます。ニキビの頭を柔らかくし、毛穴を開いてつまった皮脂(ニキビの芯)の排出を促進します。

また、余分な皮脂を吸収し、患部を乾燥させることにより、ニキビの炎症を鎮めます。

はれや発赤を鎮める作用もあり細菌による炎症や化膿を抑制しニキビの鎮静を図ります。

やわらかいテクスチャーで伸びが良く、塗った後が目立ちにくいのが特長です。

白ニキビができた時の正しいスキンケア6ステップ

顔の毛穴が開いてしまうヒントは男性の肌にある?白ニキビができた時は、日々のスキンケアにも気を遣いましょう。正しいスキンケアを6ステップで解説します。

  1. 手を清潔にする
  2. 洗顔料をしっかりと泡立てる
  3. 顔に泡を押し付ける形で洗う
  4. ぬるま湯で優しく洗い流す
  5. 清潔なタオルで水気を取る
  6. 保湿をしっかりとする

手を清潔にする

手を清潔にするニキビは手で触れたり搾ったりすることで悪化することがあります。

そこでまず、最初に手を十分に洗い、清潔な状態に保ちましょう。

手には細菌がついている可能性があるため、清潔な手でスキンケアをしなければいけません。雑菌だらけの手で顔に触れないようにしましょう。

洗顔料をしっかりと泡立てる

洗顔料をしっかりと泡立てる洗顔は顔をこすらず泡で顔をなでるように洗うことも大切です。強く擦ると、摩擦が刺激となり肌トラブルリスクが高まります。

洗顔料は適量を手に取ります。通常、豆粒サイズからさくらんぼサイズほどの洗顔料を使用します。適切な量を使うことで、すすぎ残しが防げます。

手のひらで洗顔料を軽く広げ、手のひら同士でこすり合わせながら泡立てます。力を入れすぎず、優しく泡を作りましょう。泡立てネットを利用することも選択肢の一つです。

顔に泡を押し付ける形で洗う

顔に泡を押し付ける形で洗う手に取った泡を、優しく顔に押し付けるように広げます。手の平を使って、泡を顔全体に均一に広げます。

目元や口元など、肌が薄くデリケートな部分は特に優しく洗います。指の腹を使って、刺激を最小限に抑えながら洗顔します。

指が直接肌に触れないよう、泡で顔を撫でることが大切です。

ぬるま湯で優しく洗い流す

ぬるま湯で優しく洗い流すすすぎは38℃くらいのぬるま湯で行うのが正しいすすぎです。

冷たい水ですすぐと肌への刺激となり、赤みを引き出す可能性があります。

また、熱湯ですすぐと顔の油分を取りすぎてしまい、乾燥肌を招きかねません。

泡が残ったままだと、汚れとなって肌に付着しニキビを助長するリスクがあるので十分にすすぎます。

特におでこやこめかみ、耳の横のフェイスラインやアゴ付近は洗顔料が残りやすいため入念にすすぎます。

清潔なタオルで水気を取る

清潔なタオルで水気を取る顔に使うタオルは清潔であることが重要です。毎回使い終わったら洗濯し、清潔な状態を保ちましょう。柔らかく肌に優しい素材のタオルが適しています。

タオルで顔を拭く際に、力を入れて擦ると肌を傷つける可能性があります。力を抜いてやさしく抑えるように拭きましょう。

タオルは清潔に保つためにこまめに取り替えましょう。特にニキビができている場合、清潔な状態を保つことが感染や炎症の予防につながります。

保湿をしっかりとする

保湿をしっかりとする白ニキビができた場合も、保湿は欠かせません。油分が多すぎるクリームを避け、肌質や状態に合った保湿剤を選びます。

水分と油分のバランスが良いものや、ノンコメドジェニック(毛穴を詰まらせにくい)アイテムがおすすめです。

保湿剤は洗顔後や化粧水の後、肌がまだ濡れている状態で使用すると効果的です。濡れた肌に塗ることで水分をキープしやすくなります。

ニキビがある肌には、手で直接塗り込まずコットンや綿棒で肌に塗るのもおすすめです。

白ニキビができた時の正しい治し方

開いた毛穴が塞がらないときは美容医療に頼ろう

それでは、白ニキビができた時に有効な3つの治し方を解説します。

  1. ピーリングをする
  2. 正しい食事や生活習慣を意識する
  3. クリニックで治療を受ける

ピーリングをする

ピーリングをするピーリングは、肌を柔らかくする成分を顔に塗布して角質をオフするスキンケアです。汚れを落としターンオーバーの正常化を促すために行います。

ピーリング剤やスクラブを使うことで、肌表面の古い角質を取り除いて毛穴の詰まりを改善します。

毛穴が開いて通気性が向上すると、アクネ菌のエサである余分な皮脂の排出が促されます。

ピーリングはマッサージのような効果もあり、血行を促進して肌の新陳代謝をサポートします。

正しい食事や生活習慣を意識する

正しい食事や生活習慣を意識する規則正しい食生活で肌に優しい食材を積極的に摂ることも大切です。

脂っこい食べ物や炭水化物の摂りすぎは、皮脂の過剰分泌を促進する可能性があります。

野菜、果物、お肉、魚などをバラエティ豊かに摂ることで、必要な栄養素をバランスよく取り入れることができます。

ビタミンやミネラルは、角質や皮脂の分泌をコントロールする効果があります。特にビタミンA、ビタミンC、亜鉛は肌の健康に重要です。

ビタミンAは肌の新陳代謝を促進し、ビタミンCはコラーゲン生成をサポートします。亜鉛は皮脂の過剰分泌を抑える働きがあります。

気軽に摂れる食材にも肌に良い栄養素が含まれているので、日常生活に取り入れてみてください。

クリニックで治療を受ける

クリニックで治療を受けるニキビができた場合、クリニックでの治療が有効であり、医師の診断や処方薬の利用が早期かつ効果的な対策となります。

クリニックでは、医師が正確な診断を行います。自分での診断が難しい場合や、症状が悪化している場合は、早めに医師に相談しましょう。

クリニックでは清潔かつ専門的な器具を使用して治療が行われます。ニキビ治療は保険適用もできるので、ニキビが消えずに悩んでいる方はクリニックに行ってみてください。

気になる白ニキビをすぐに治すならオンライン診療のANS.がおすすめ

ニキビ治療薬の処方ならANS.(アンス)白ニキビは、顔にできると目立って気になるでしょう。しかも白ニキビを放置しておけば炎症を起こし赤ニキビや黄ニキビへと進行しかねません。

そこで白ニキビは、早めの治療が大切です。皮膚科へ受診すれば、医師による的確な診断と処方により、早期での完治が見込めるでしょう。

「皮膚科に受診したいけど、通い続けるのが大変……」

「時間の確保が難しいけど、どうしても白ニキビは治したい……」

そんなあなたには、オンライン診療の『ANS.(アンス)』がおすすめです。

 

そもそもANS.とは?

『ANS.』は、日々忙しい現代人に向けて、手軽で便利なオンライン診療を行っている伴走型のオンライン美肌治療サービスです。

スマホ1台だけで、診察から処方、処方薬の配達までが完結。予約不要で診察を受けられるので、隙間時間でも利用できます。

診察は、チャット形式で気軽に相談可能。自分のタイミングで落ち着いて相談ができます。

ANS.には、決まったセットやプランなどはありません。一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの処方を医師が行っています。

なお、お薬は1種類から配送可能で、定期しばりはありません。いつでも解約できます。

また、HADA相談室ではお薬の処方についてはもちろん、スキンケアの指導も行えます。

処方薬は、最短翌日で自宅のポストにも設定できるので、忙しいけど白ニキビはすぐに直したい人は、ぜひお気軽にご利用ください。

オンライン ニキビ治療「ANS.(アンス)」

ニキビでお悩みですか?ANS.は、スマホを通じて医師に相談、診察(無料)。あなたに合ったオーダーメイド処方のニキビ治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

記事の監修者
竹村 昌敏
ANS.監修医 2008年高知医科大学医学部卒業。初期研修後都内の大学病院麻酔科入局。 その後、整形外科へ転科。2015年から医療×ITのスタートアップに参画し医療監修を務める。医療×IT分野の執筆多数。 医療×ITを美容医療に導入するべくANS.の立ち上げに参画。ANS.クリニック院長。

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /