エイジング

ためしてガッテンでも紹介された目の下のたるみを取る方法!即効性がある改善方法は?


メイクもヘアスタイルもばっちり。でも目の下のあたりを見るとなんだか元気がなさそうに見える…そんな日はありませんか?

それはあなたの目の下のたるみやふくらみが原因かもしれません。

目の下にたるみがあると、疲れて見えたり、年齢より上に見られることもあります。

人の見た目は目の下にたるみがあるかどうかで大きく異なります。

顔の中でも特に皮膚が薄く、その人の印象に直結しやすい目の下のたるみには、適切で早めのケアが肝心です。

この記事では、目の下のたるみの原因とおすすめの対処法についてご紹介します。

【この記事を読んでわかること】

  • 目の下のたるみやふくらみの原因
  • 目の下のたるみケアや予防の方法
  • HIFUが目の下のたるみにどんな効果があるのか
  • HIFU施術のメリットやデメリット

オンライン美肌治療「ANS.(アンス)」

お肌の悩みをスマホで医師に相談、診察してみませんか?(相談無料)あなたに合った美肌治療薬を最短翌日でご自宅にお届け!

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

目次
  1. 目の下のたるみやふくらみの原因は?
  2. 目の下のたるみには皮膚科治療がおすすめ!
  3. ためしてガッテンでも紹介された目の下のたるみを取る即効性のある方法!
  4. 目の下のたるみ対策の医療用HIFU(ハイフ)の特徴!やめた方がいい噂は本当?
  5. 目の下のたるみが消えた人は本当にいる?医療用HIFU(ハイフ)を行うメリットとデメリット
  6. 医療用HIFU(ハイフ)の効果は何回目で出るの?いつまで続く?
  7. HIFU施術は痛みもある?男性も女性も整形するよりおすすめ?
  8. 通院不要!スマホ1つで受診できる美容皮膚科「ANS.(アンス)」

目の下のたるみやふくらみの原因は?

目の下のたるみやふくらみの原因は?トレーニングでは治らないの?

「目の下のたるみやふくらみは何をしても改善しないの?」と気になっている人もいるのではないでしょうか?

目の下のたるみやふくらみは、男性女性にかかわらず正しい対処法をすれば改善が見込めるものです。

しかし、加齢による弾力や筋力ダウン、日ごろから目元への摩擦がある場合などは、自宅ケアだけでは改善が難しいのが現実…。

目の下のたるみやふくらみの原因については、さまざまなものが考えられます。

原因について知識として持っておくことで、自分の目の下のたるみへのアプローチ方法や、そもそもの改善への近道となりますので、まずは原因について詳しく見ていきましょう。

目の下にたるみができる原因は6つ

目の下にたるみができる原因は6つ

目の下のたるみやふくらみ、シワができるメカニズムはわかっています。

目の下や口元などにたるみやシワができる原因の一つが、老化により肌のハリを保つ組織・コラーゲンやエラスチンなどが徐々に減少してしまうことです。

二つ目の原因は、年とともに目の下の筋力がなくなってしまい、目の下にたるみやふくらみができてしまうことです。

さらに三つ目の原因としては、アレルギーや花粉症などにより、ふだんから目元をゴシゴシとこするのが習慣となっていることです。

さらに四つ目の原因は、日ごろから適切な強さや正しい泡立てによるクレンジングができていないことと、洗顔後に皮膚をしっかりと保湿していないことも挙げられます。

これらを日常的に行っている人は、肌のハリ(弾力)がなくなってしまいます。

原因の五つ目は、春夏秋冬に関係なく適切なUVケアができていないことです。

肌に紫外線が降り注ぐことによって、本来肌にあったハリがなくなり目の下にもたるみができてしまうのです。

目の下にたるみができてしまう原因の最後の六つ目は、間違ったエクササイズです。

ホームケアとして顔のエクササイズに励む人は多いと思いますが、注意が必要です。

顔の特定の筋肉だけを鍛えてしまうと、ハリのない肌の部分も引っ張られてしまい、その結果、肌にたるみができてしまうのです。

目の下のたるみは正しい対処法をすれば改善が見込める

「目の下のたるみには実際どのような対処法をすれば良くなるの?」と知りたい人も多いと思います。

そんな人はご安心を。具体的な対処法についてご紹介しましょう。

どのような症状に対してどのようなアプローチをするかは、年齢や、たるみの症状によって異なりますが、適切なアプローチを行うことで、効果があったという声も多いです。

目の下のたるみやふくらみに対するケアには種類があり、大きく分けて自宅でできる眼輪筋を鍛えるエクササイズやマッサージなどのホームケアと、エステや美容医療などのプロに任せるケアの2種類です。

ホームケアの場合、正しい方法で行わなければ、改善どころか目の下のたるみが悪化してしまう可能性もあります。

美容のプロにまかせると豊富な知識や経験があるので安心できるなど、メリットがいくつもあります。

長年悩んでいた皮膚の悩みが改善されたケースも多くあるので、ホームケアに自信のない人は、美容のプロにまかせるのもおすすめです。

目の下のたるみには皮膚科治療がおすすめ!

施術に抵抗はあるけどホームケア以上の効果を求めている方にお勧めの治療法

特にハイフなどの美容医療を受けるほどではない、または施術が不安だったり抵抗がある方におすすめなのが、皮膚科で飲み薬と塗り薬を処方してもらう治療方法です。

施術のように外側からの効果だけでは無く、内側からも改善していくことで肌本来の基礎力をアップさせることが期待できます。

また、「キメが整う」「くすみが改善する」等の多くのメリットもあります。

飲み薬と塗り薬による治療は、美容皮膚科で処方して自宅でケアするのが一般的です。

オンライン美肌治療「ANS.(アンス)」

お肌の悩みをスマホで医師に相談、診察してみませんか?(相談無料)あなたに合った美肌治療薬を最短翌日でご自宅にお届け!

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

ためしてガッテンでも紹介された目の下のたるみを取る即効性のある方法!

目の下のたるみを取る方法で即効性のものはある?ためしてガッテンでも紹介されたその方法とは

目の下にあるたるみを取る方法で即効性のあるセルフケアをご紹介します。

ケアの為に準備する物や一連の流れ、注意点などをこの機会に知ってください。

NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」で紹介された信頼できる方法と、その他にも効果が高いといわれているおすすめの方法をご紹介しますので参考にしてくださいね。

目の下のたるみ取りにはやさしいマッサージ

目の下のたるみ取りにはやさしいマッサージ

NHK総合テレビ「ためしてガッテン」(2008年4月2日放送・医学的に解明された顔のシワ・たるみの超意外な真実を大公開!)では、顔のシワやたるみに試したい「リンパマッサージ」の方法が紹介されていました。

顔のセルフマッサージは、クレンジング後の肌が比較的やわらかくなっている時に行いましょう。

一般的にはクレンジング剤が顔に付いている時にしやすいと思われがちですが、クレンジング剤でセルフマッサージすると肌に負担がかかることも考えられます。

以下に顔のセルフマッサージの方法をまとめました。

リンパ管の老廃物などを解消するために、首や耳の前あたりのリンパ管を意識して行いましょう。

  1. 耳のすぐ前の部分を、指でやさしく円を描く要領でもむ
  2. 耳のすぐ下の部分から首下の鎖骨部分までを、親指を除く4本の指で上から下になでる
  3. 目のまわりにあるツボを押すように、鼻筋から耳の方へ向かってなでる

以上の方法は今すぐ試して効果を得られる可能性が高いセルフマッサージ方法です。

顔のマッサージは、間違った方法でしてしまうと、反対にたるみやシワがひどくなってしまったり、炎症を起こすことがあります。

強くマッサージしてしまうと、メラニン色素が分泌されることでシミが濃くなることも考えられます。

ぜひこの機会に、正しいマッサージの方法を覚えてください。

目の下のたるみ取りに効果的な目元のエクササイズや全身体操

目の下のたるみ取りに効果的な目元のエクササイズや全身体操

同じテレビ番組「ためしてガッテン」(2021年6月2日放送・たるみも口臭もシャットアウト!マスク時代の新お悩み解消術)でも、顔の体操(エクササイズ)の方法が紹介されていました。

顔のたるみの大きな原因となるのが、顔のこめかみ部分から口の端(口角)をつなぐ大頬骨筋(だいきょうこつきん)という筋肉の衰えです。

この筋肉部位を鍛えることで、顔のたるみを解消します。

同番組内で説明された顔の体操は「ニパニパ体操」といいます。

以下に方法をご紹介します。

【ニパニパ体操のやり方】

  1. 声を出しながら口を「ニ」の形に大きく開いたまま、5秒間キープする
  2. 口を「パ」の形にして脱力する

このニパニパ体操は口の端(口角)をギュッとアップさせるので、大頬骨筋をしっかりと動かせます。

血行も良くなる体操なので、目の下のシワを防ぐことも期待できますね。

他にも、目の下のたるみにおすすめの体操はあります。

それは、とても簡単で時間もかからない方法です。

以下に方法をご紹介します。

【目を閉じて開くエクササイズ】

  1. 目を5秒間ギュッとつぶる
  2. 目を5秒間大きく開く

これもとても手軽にできる目の下のたるみ向けのエクササイズです。

目の下のたるみだけでなく、オフィスワークやスマホ使用などで目が疲れた時にもおすすめです。

目の下のたるみ予防にはしっかりと保湿

目の下のたるみ予防にはしっかりと保湿

目の下のたるみやふくらみが気になる人は、しっかりと保湿することもポイントです。

冬は外気やヒーターによる乾燥、夏もクーラーによる乾燥があるので、クレンジングや洗顔後には、たっぷりの化粧水やクリームなどで肌にうるおいを補給します。

入浴時にクレンジングや洗顔を行う人もいると思いますが、入浴後は急なスピードで肌が乾いてしまうので、お風呂場を出たら10分以内に保湿するのが望ましいです。

この保湿のタイミングは、早ければ早いほど肌の乾燥を防ぐことができるので、ぜひ覚えておきましょう。

目の下のたるみ予防には正しいクレンジング

目の下のたるみ予防には正しいクレンジング

目の下のたるみを予防するには、正しいクレンジングも欠かせません。

しっかりとアイメイクをしたからといって、ゴシゴシと念入りに目元部分をこするような洗い方は避けましょう。

また、長時間クレンジングをすると、肌が必要とするうるおいも取ってしまいます。

肌にうるおいがなくなると乾燥をまねき、それが目の下のたるみやシワへとつながります。

ここでいう長時間のクレンジングとは、1分以上かけて行うクレンジングのことを指します。

基本的には、クレンジングを行うのは1分以内にするのが望ましく、短すぎても汚れが落ちません。

目の下のたるみ予防には適切なUVケアも

目の下のたるみ予防には適切なUVケアも

肌のたるみには紫外線も関係していることをご存じでしょうか?

実は、紫外線も肌の老化を促してしまう原因の1つです。

肌が紫外線を浴びてダメージができることは「光老化」ともいわれています。

紫外線は肌のたるみだけでなく、シワやシミができる原因にもなります。

そのため、目の下のたるみ予防には、適切なUVケアもしっかりと行います。

紫外線は春夏だけではなく一年中降り注いでいるので、UVケアは常に行うことを忘れないようにしましょう。

ご紹介したように、目の下のたるみやふくらみには、さまざまな対処法や予防法があることがご理解いただけたと思います。

皆さんもぜひ正しい方法で行ってくださいね。

次の章ではたるみ改善に効果的なHIFU(ハイフ)という施術について解説していきます。

HIFUは超音波を使って肌の深い部分にアプローチしてたるみを改善する話題の施術です。詳しくみていきましょう。

美肌治療

目の下のたるみ対策の医療用HIFU(ハイフ)の特徴!やめた方がいい噂は本当?

目の下のたるみが消えた人は本当にいる?HIFUはやめたほうがいい?

気になる目の下のたるみにはホームケアや、エステ、医療機関での各種施術など、美容のプロのおまかせする方法がありますが、ここでは、人気の施術である「HIFU(ハイフ)」についてご説明します。

ハイフを受けたことにより目の下にあったたるみやふくらみが消えた人は本当にいるのか、反対に、ハイフを受けるのはやめたほうがいいのかについても解説していきます。

美容に良いハイフとは?口コミの評判は?

美容を意識する人にとって、男性女性関係なく話題となっているのがハイフです。

ハイフには美容効果が期待でき、実際に施術を受けた人の口コミも良い内容のものが目立ちます。

ハイフとは「高密度焦点式超音波(※英語名称:High Intensity Focused Ultrasound)」を使ったリフトアップ施術法の1つです。

ハイフは、気になる目の下のたるみの改善効果も期待できる、とても人気の施術方法です。

ハイフ施術は、たるみの原因である筋肉に超音波をあてることで、脂肪細胞の減少、体内コラーゲンの生成を促してくれる効果が期待できます。

これにより、目の下のたるみやふくらみ、シワの改善につながります

以下は、ハイフ施術の効果です。

【HIFU(ハイフ)施術の効果】

  • リフトアップ効果
  • たるみやシワの改善
  • 小顔効果
  • 肌の質の改善
  • 痩身効果
  • 切らずに施術が行える
  • ダウンタイムは1時間以内
  • 目元や顎のカーブなどの形状に合わせて施術可能
  • 超音波の強弱を調整できるのでデリケートな皮膚にも施術可能

ハイフには、効果やメリットがたくさんあることがわかりますね。

家庭用ハイフも人気がある

家庭用ハイフも人気がある

ハイフには家庭用も販売されています。

これまでの施術では、たるみを取るためにメスを使った方法が一般的でした。

しかし、ハイフ施術の誕生によって、メスを使わずとも目の下のたるみやふくらみ改善ができるようになり、それが家庭でも出来るとなると、人気が出るのも当然ではないでしょうか。

医療用ハイフと家庭用ハイフの違いは、超音波で肌の表皮の奥にある層まで照射できるのか、表面にしか照射できないのか、という点です。

他にも、家庭用ハイフは使い方を間違うとやけどのリスクも考えられますが、医療用ハイフは医師のいるクリニックで行われるため安全性が高いのが特徴です。

効果も、医療用ハイフの方が高いです。

ハイフ施術の失敗例

魅力がとても多い美容施術・ハイフですが、失敗例はあるのでしょうか。

ハイフは、肌のたるみ部分に熱を照射させて筋肉を収縮させる方法なので、リスクがあるのか心配な人もいるでしょう。

「ハイフを受けたけど、痛くてあまり良いと思えなかった」という口コミも、実際に見られます。

これは「強い出力でハイフの施術を受けたい」という患者側の要望で施術したにもかかわらず、患者側が「イメージより痛かった」という感想を持った場合の口コミ例です。

他にも、「目の下のたるみが再び出てしまった。」という感想を持った人もいます。

しかし、この患者さんの場合、ハイフ施術でたるみがきれいに取れたのに、目元をこすってしまう日ごろの習慣が抜けなかったため、目の下のたるみが再びできたことがわかりました。

ハイフ施術の失敗例

この場合は、ハイフが目の下のたるみの原因になったわけではなく、日頃の生活習慣が原因だとわかりますね。

他にも、肌の質や状態によっては、赤み、ほてりを感じる人もいます。

ハイフは、効果が期待できて魅力が多い美容法ですが、全く痛みを感じないという施術法ではないため、この点は知っておくと良いでしょう。

ハイフ施術でトラブルが起こりやすいのは、クリニックよりもエステサロンで施術を受けた場合です。

エステサロンは医療機関ではないため、医師が常駐していません。

また、医療機関のように高い出力で照射できないため、わかりやすい効果も期待しにくいのです。

ハイフ施術の効果や安全性に関して不安を感じる人は、安全性が高く専門的な知識を持っているクリニックで施術を受けましょう

目の下のたるみが消えた人は本当にいる?医療用HIFU(ハイフ)を行うメリットとデメリット

目の下のたるみ対策に医療HIFUを行うメリットとデメリット

目の下のたるみに医療用ハイフを受けるメリットとデメリットについて、一つひとつ見ていきましょう。

目の下のたるみやシワが気になる人は、参考にしてくださいね。

ハイフのメリット

まずはハイフ施術を受けるメリットについて以下をご覧ください。

  • 目の下のたるみやふくらみが消える
  • 目の下に再びたるみができることを抑えられる
  • 目の下のクマがなくなったり、肌質がアップする
  • 施術後のダウンタイムが短いので、すぐに帰宅できる

ハイフの施術は、マッサージなどで脂肪の位置を動かす方法とは異なり、脂肪細胞自体に働きかけます。

そのため、たるみやシワが再びできにくいという特徴があります。

ハイフのデメリット

ハイフのデメリットについても、ご紹介します。

皆さんがハイフ施術を受ける際に、メリットとも比べてみてくださいね。

  • 肌の赤み、ほてりを感じることがある
  • 良いクリニックを選ばないと期待通りにならない
  • 妊娠中や授乳中は施術が受けられない
  • 出血性疾患(ニキビなど)がある人などは施術を受けられない

ハイフ施術を受けられるかどうか気になる方は、医療機関で相談してみてください。

美肌治療

医療用HIFU(ハイフ)の効果は何回目で出るの?いつまで続く?

医療HIFUの効果は何回目で出るの?いつまで続く?

ハイフの効果は何回目くらいに出てくるのか、施術した効果はいつまで続くのか、皆さんが気になる点だと思います。

いずれも個人差がありますが、ハイフを考える人にわかりやすくお伝えします。

ハイフ施術で効果を実感し始める回数

ハイフは、超音波で筋膜を引き締めることにより顔のたるみアップを促すのですが、効果を実感し始める回数は1回目であったり3回目であったり、人によって異なります。

2~3回目で満足する人もいれば、初回から効果を実感する人もいて、一概に何回目という回答は難しいところです。

また、ハイフ施術後に効果を実感し始める期間は、1ヶ月くらいからが一般的です。

施術後1ヵ月くらいからハイフの効果が感じられて、そこから徐々に顔のたるみがリフトアップされていくと考えておくと良いでしょう。

ハイフの効果が続く期間はどれくらい?

ハイフの効果が続く期間はどれくらい?

目に下のたるみ解消やフェイスラインのリフトアップ効果などに、とても期待できるハイフですが、効果が続く期間は、6ヶ月から1年間ほどです。

これには個人差もありますが、一般的な効果持続期間の目安として覚えておいてください。

ハイフのリフトアップと肌質改善の効果の持続期間は、以下の通りです。

  • ハイフのリフトアップが続く期間:施術後~1ヶ月間
  • ハイフの肌質改善効果が続く期間:施術後1ヶ月~3ヶ月間

ハイフの効果が続く期間は6ヶ月から1年間ほどですが、どうしても老化や肌の摩擦にはさからえないので、この期間を過ぎると強い効果は感じにくいです。

次のハイフ施術のタイミング

次のハイフ施術のタイミングについても、お伝えします。

次のハイフ施術をするおすすめのタイミングも人によって異なるので、ここでは平均についてご紹介します。

医療用ハイフの施術タイミングは、3ヶ月間隔で受けるのがおすすめです。

目の下のたるみやシワ改善の効果が続く期間を考えると、3ヶ月間隔で施術を受けるのが理想だからです。

しかし、この施術タイミングにも個人差があることを、ぜひ覚えておいてくださいね。

付け加えると、エステサロンで受けるハイフは数週間に1度の間隔で、医療機関で受ける間隔(3ヶ月に1度)よりも短いです。

もしもハイフでもたるみが解消されなかったら?

もしもハイフでもたるみが解消されなかったら?

ハイフを定期的に受けたけれど、なかなかたるみが解消されない、まだ気になる場合は糸リフトなどのたるみ治療もあります。

詳しい内容を知りたい方は、美容クリニックで相談してみると良いでしょう。

HIFU施術は痛みもある?男性も女性も整形するよりおすすめ?

HIFU施術は痛みもある?男性も女性も整形するよりおすすめ?

ここで、ハイフ施術による痛みはどれくらいなのか、特に痛みを感じやすい部位はどこなのか、また、顔の整形をするよりもおすすめなのかについても、見ていきましょう。

ハイフ施術は部位によっては多少の痛みがある

ハイフを受けると、痛みがあったなどの声も聞かれますが、痛みには種類があり、一つ目は骨に響いているように感じる痛み、二つ目は皮膚の下がチクチク刺されるような痛みです。

しかし、最新タイプの照射機器では、痛みがとても少ないです。

また、痛みが出ない角度などを考え施術するため大きく痛むこともありません。

痛いのが苦手な人は、事前に「痛いのが得意ではありません」と伝えておくのも良い方法でしょう。

痛みの他に知りたいのは、顔がはれてしまうのかどうかではないでしょうか。

ハイフ施術では基本的にはれる心配はないのですが、一部の人ははれることもあります。

はれやすい人には特徴があります。それは顔に脂肪が多い人です。

反対に顔に脂肪が少ない人は、はれにくい傾向があります。

ハイフを行う場合に特に痛みを感じやすい部位

医療用ハイフで特に痛みを感じやすい部位は、おでこや頬のあたりです。

理由は骨に近い部位だからです。

おでこや頬の近くを施術する際は、まるで骨に響くような痛みだと表現されることもあります。

これは、男女や年齢に関係ありません。

ただし、超音波の出力の強さ、皮膚の厚みでも施術の際の痛みは変わります。

また、照射角度によってかなり痛みを減らせることもわかっています。

繰り返しますが、このような痛みは個人差が大きく、ハイフ施術後は感じなくなりますので、ご安心ください。

通院不要!スマホ1つで受診できる美容皮膚科「ANS.(アンス)」

通院不要!スマホ1つで受診できる美容皮膚科「ANS.(アンス)」

今回は目の下のたるみに効果のあるHIFU(ハイフ)についてご紹介しました。

ハイフは実際に機械を使って行われる施術のため効果的ですが、金額面や痛みに対する不安もあるのではないでしょうか。

実はクリニックへ足を運ばなくても、オンライン診療を利用して肌の改善効果を得られる方法があるんです。

オンライン美肌治療のANS.(アンス)は、飲み薬や塗り薬を用いて肌のハリやキメを整え、体の内側から肌の基礎力をアップさせる治療を行っています。

スマホ1つで診察・処方・配送手続きまでできて

  • 定期契約のしばりが無いので、1ヶ月からお試しできる
  • 土日祝も診察OK
  • 予約不要で、通院も無し
  • お薬は1種類から配送可能
  • HADA相談室で日常的なスキンケアも相談できる

など、肌悩みを抱えている方に寄り添ったサービスを提供しています。

簡単な質問にいくつか答えるだけの無料肌診断もあるので、気軽に試してみてくださいね!

オンライン美肌治療「ANS.(アンス)」

お肌の悩みをスマホで医師に相談、診察してみませんか?(相談無料)あなたに合った美肌治療薬を最短翌日でご自宅にお届け!

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

関連記事

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /