肌悩み解決

毛穴治療で皮膚科に行くべきか?いちご鼻や黒ずみ・開きで悩む方必見

毛穴治療で皮膚科に行くべきか?いちご鼻や黒ずみ・開きで悩む方必見

  • 毛穴トラブルは皮膚科で治せる?
  • 自分の毛穴トラブルを改善するなら皮膚科に行くべきか知りたい
  • 皮膚科ではどんな毛穴治療が受けられるの?

この記事を読んでいるあなたは今、上記のように考えているかもしれません。

そこでこの記事では、気になる毛穴トラブルの改善に皮膚科へ行くべきか、ケース別に解説します。

行くべき皮膚科や受けられる治療についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

オンライン毛穴治療「ANS.(アンス)」

スマホで診察&相談!ANS.(アンス)は毛穴治療のためのお薬を最短翌日でご自宅にお届けします。毛穴の黒ずみ・つまり・ひらきは皮脂をコントロールして身体の中から治療しましょう。
今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

毛穴トラブルは3種類

鏡を覗く女性まず、主な毛穴トラブルが3種類ありますので、それぞれ詳しく紹介します。

  1. 黒ずみ毛穴タイプ
  2. 開き毛穴タイプ
  3. たるみ毛穴タイプ

黒ずみ毛穴タイプ

黒ずみ毛穴タイプ黒ずみ毛穴は、過剰なメラニンが原因で毛穴が黒く見える状態です。紫外線や摩擦などのダメージによりメラニンが生成され、毛穴に色素沈着が生じています。

毛穴が気になる部位を触ってツルツルして凹凸を感じない場合は、メラニンによる黒ずみ毛穴が考えられます。

また、毛穴の黒ずみは毛穴に皮脂や角栓が詰まって酸化し、黒く見える詰まり毛穴の場合もあります。

毛穴がポツポツとしているなら、角栓の酸化による黒ずみ毛穴(つまり毛穴)が考えられるでしょう。

開き毛穴タイプ

開き毛穴タイプ開き毛穴は、皮脂の過剰分泌により毛穴が押し広げられた状態です。特にTゾーン(額、鼻、あご)周辺で皮脂分泌が多い部位によく見られます。

脂性肌や男性の肌によく見られ、皮脂が毛穴を広げ丸い形になることが多いです。

詰まった毛穴の角栓を無理に除去することで、開き毛穴を引き起こす恐れがあります。

乾燥肌の場合、肌が乾燥すると皮脂を補おうとして過剰に分泌されることがあり、開き毛穴の原因となります。

たるみ毛穴タイプ

たるみ毛穴タイプたるみ毛穴は、皮膚がたるんで下に引っ張られて伸びて広がった毛穴です。

加齢などが原因で真皮に存在するコラーゲンとエラスチンが減少することで、肌の弾力が失われます。真皮の弾力が低下すると、毛穴周囲の皮膚がしぼんで、毛穴の落ち込みが目立つ原因となります。

たるみ毛穴は、主に頬やほうれい線周辺に現れ、特に笑ったり表情を変えたときに顕著になることがあります。

主に30代以降に顕著に現れ、(丸い開き毛穴とは対照的に)シズクや涙のように垂れた形状が特徴的です。

無料肌診断の画像毛穴の種類について解説してきましたが、自分がどれに当てはまるのかわからなくありませんか?毛穴トラブルの種類ごとに適切な治療は異なりますので、まず自身のお肌を知っておくことが大切です。

ANS.(アンス)では、肌診断を無料で実施しております。まずは診断を受けてから、ぴったりな毛穴治療を始めていきましょう。

毛穴治療で皮膚科に行くべきか3タイプごとに紹介

HADA LOUNGEで施術を受けられるピーリングケアのご紹介!では、毛穴トラブルのタイプ別に皮膚科に行くべきかどうかを解説します。

  1. 黒ずみ毛穴タイプはセルフケアで改善できる
  2. 開き毛穴タイプなら皮膚科に通うべき
  3. たるみ毛穴タイプなら皮膚科に通うべき

黒ずみ毛穴タイプはセルフケアで改善できる

黒ずみ毛穴タイプはセルフケアで改善できるの画像黒ずみ毛穴は、セルフケアでも改善が可能です。

角栓を除去するスキンケアアイテムを取り入れ、毛穴に汚れがたまらないように気を付けます。ピーリングやスクラブを週に1回程取り入れるのがおすすめです。

角質をオフした後は肌が敏感になっているので、保湿を十分行います。

肌をこすりすぎないように気を付けて洗顔を丁寧にすることで、黒ずみ毛穴の予防が行えます。

ただセルフケアだけでは難しい場合もありますので、その際は皮膚科の受診を検討いただくと良いでしょう。

皮膚科では黒ずみの原因となるメラニン産生を抑える薬や、毛穴のつまりを改善する薬などが用いられます。

開き毛穴タイプなら皮膚科に通うべき

開き毛穴タイプなら皮膚科に通うべきの画像開き毛穴は一般的に、皮脂の過剰分泌により毛穴が拡張しているため、肌表面に目立つ特徴があります。

開き毛穴の主な原因が、皮脂の過剰分泌や肌の油分のバランスにある場合、皮膚科に相談することで改善が目指せます。

医師は皮脂のコントロールや肌のバランスを整えるための適切なスキンケアや処方薬を提案してくれます。

たとえば、レーザー治療は、コラーゲンの生成を促進し、毛穴を引き締めるのに効果的です。IPLを用いたフォトフェイシャルも肌の引き締め効果があり、開き毛穴の改善が期待できるでしょう。

たるみ毛穴タイプなら皮膚科に通うべき

たるみ毛穴タイプなら皮膚科に通うべきの画像たるみ毛穴は、コラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力を維持する成分が不足し、肌がたるんでいる状態です。

たるみ毛穴の主な原因が、コラーゲンやエラスチンの不足にある場合、皮膚科への相談が適切です。

皮膚科の治療は真皮層にアプローチし、コラーゲンやエラスチンの生成を促すことが可能です。

コラーゲンやエラスチンが増生されると、肌が内側からふっくらして皮膚の弾力が復活し、毛穴の目立たない肌になります。

真皮層にアプローチできる治療はたとえばダーマペンフォトフェイシャルがあります。

毛穴治療を受けるなら皮膚科ではなく美容皮膚科に行くべき理由

女性ホルモンのバランスを整えて肝斑を予防しよう

毛穴は皮膚科で治療することで、効果的に改善できます。とはいえ、皮膚科といっても美容皮膚科を検討してください。

美容皮膚科がおすすめの理由として、以下の3つが挙げられます。

  1. 肌を綺麗にすることが目的になる
  2. 毛穴トラブルの治療は保険適用外になる
  3. 幅広い毛穴治療から選択できる

肌を綺麗にすることが目的になる

肌を綺麗にすることが目的になるの画像大前提として、毛穴治療は肌を綺麗にすることが目的になります。

皮膚科の場合、ニキビなどの疾患に対しての治療は可能です。

しかし、毛穴の目立ちは疾患ではありません。よって、一般皮膚科では治療の対象外となります。

一方美容皮膚科なら、見た目を整えて今よりきれいに見せるための治療を受けることができます。

毛穴トラブルの治療は保険適用外になる

毛穴トラブルの治療は保険適用外になるの画像一般的な毛穴トラブルの治療は美容治療に分類され、医療保険の対象外とされます。

医療保険は、健康を害する疾患や怪我、治療が必要な病気に対する医療費を補償するためのものです。 一般的な毛穴トラブルは美容上の悩みであるため、医療保険の適用対象にはなりません。

たとえば、穴の引き締めや肌のトーン改善を目的としたレーザー治療は美容治療のため保険適用外です。

一般皮膚科でレーザーを照射しても、自費診療となることが多いです。(乳児血管腫に対するレーザー照射など保険適用範囲内のレーザー治療もあります)

幅広い毛穴治療から選択できる

幅広い毛穴治療から選択できるの画像美容皮膚科のメニューは、一般皮膚科の肌治療に比べて種類が多いです。

自費診療の美容皮膚科には、レーザー治療ピーリングダーマペンイオン導入など、高額な機械を用いたメニューの選択肢が豊富です。

また、多くの機械を取り扱ったり、全国に展開しているクリニックは仕入れコストを下げることができます。1回の治療にかかる金額もリーズナブルになるでしょう。

そのため、美容皮膚科の場合、患者は自身の目標や予算に合わせて豊富な選択肢から治療を選択できます。(担当する医師の判断により希望する治療が受けられない場合もあります)

なお、美容皮膚科に行きたくても「時間が取れない……」「決まった時間に予約するのが面倒……」というお悩みがあるなら、チャット形式OKなオンライン美肌治療のANS.(アンス)という選択肢もあります。

オンラインでやり取りできるので、リラックスして質問や相談もできます。お肌の状態や期待する効果にあわせて治療方法の提案もできますので、ぜひお気軽にご利用ください。

オンライン美肌治療のANS.(アンス)のサービスはこちら

美容皮膚科で受けられる毛穴治療の方法

美容皮膚科で受けられる毛穴治療の方法それでは、美容皮膚科で受けられる毛穴治療を紹介します。

  1. 処方薬の服用
  2. ピーリングによる治療
  3. レーザーによる治療
  4. 導入・点滴による治療

処方薬の服用

処方薬の服用の画像処方薬を用いて毛穴を改善する方法です。

毛穴治療に用いられる処方薬はトレチノインハイドロキノンビタミン誘導体などがあります。

これらの処方薬は強い薬効が期待できる一方、肌への負担も大きく、しばしば剥離や刺激を伴うことがあります。

また、薬に対する耐性を調整するため、休薬期間と服薬期間を調整しながら使用するケースもあります。

医師の処方と指導の下に使用すればこれらの副反応にも適切に対処できるので、強い薬効のある薬で治療したい場合は美容皮膚科の受診がおすすめです。

ピーリングによる治療

ピーリングによる治療の画像毛穴の改善にはピーリングも有効です。

美容皮膚科で行われるピーリングは、ケミカルピーリングが有名です。化学物質を用いて肌を剥離させて肌のターンオーバーを促進する治療です。

他にもコラーゲンピールのように、マッサージしながら薬剤を浸透させることにより、通常のスキンケアよりも有効成分を肌に浸透させやすくする治療もあります。

美容皮膚科でのピーリングは、真皮層にアプローチするものや肌表面の剥離を促すものなど、複数の種類があるので自分の毛穴悩みに合ったピーリングを選択できます。

レーザーによる治療

レーザーによる治療の画像レーザーはシミ治療や脱毛を目的に行われることが有名ですが、毛穴ケアにも有効と言われています。

レーザーの光が肌の奥に届き、線維芽細胞を刺激することで肌のターンオーバーが促されて健康な肌に生まれ変わる効果が期待できるためです。

ピコレーザーピコフラクショナルはシミ治療に用いられ、黒ずみ毛穴にも効果が期待できます。

レーザートーニングフラクショナルレーザーフラクショナルCO2レーザーは、皮膚の自己治癒力を高めて毛穴のお悩みにアプローチし、健康な肌を作るサポートになる治療です。

導入・点滴による治療

導入・点滴による治療の画像イオン導入は、微弱な電流を使用して有効成分を肌に浸透させる治療法です。微細な電流を流しながら有効成分を塗布することで、有効成分が肌の奥深くまで浸透し、毛穴の改善を図る治療です。

皮脂の過剰分泌を抑え、角栓の形成を防ぎ、毛穴を引き締める効果が期待でき、開き毛穴黒ずみ毛穴に効果があるとされています。

点滴で有効成分を体内に摂取する方法もあります。

ビタミンを豊富に配合した点滴や、プラセンタなど美容成分を含んだ点滴があります。

美容皮膚科に行かなくても毛穴治療するならオンライン診療のANS.

ニキビ治療薬の処方ならANS.(アンス)毛穴トラブルには、美容皮膚科での治療がおすすめです。

とはいえ、「美容皮膚科に通い続けるのが大変……」「仕事や家事が忙しくて、時間の確保が難しい……」と悩む人もいるでしょう。

そんなあなたには、オンライン診療の『ANS.(アンス)』がおすすめです。

そもそもANS.とは?

『ANS.』は、日々忙しい現代人に向けて、手軽で便利なオンライン診療を行っている伴走型のオンライン美肌治療サービスです。

スマホが1台だけで、診察から処方、処方薬の配達までが完結。予約不要で診察を受けられるので、隙間時間でも利用できます

診察は、チャット形式で気軽に相談可能。自分のタイミングで落ち着いて相談ができます。

ANS.には、決まったセットやプランなどはありません。一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの処方を医師が行っています。

なお、お薬は1種類から配送可能で、定期しばりはありません。いつでも解約できます。

また、HADA相談室ではお薬の処方についてはもちろん、スキンケアの指導も行えます。

処方薬は、最短翌日で自宅のポストにも設定できるので、忙しいけど毛穴トラブルをしっかりとケアしたい人は、ぜひお気軽にご利用ください。

オンライン毛穴治療「ANS.(アンス)」

スマホで診察&相談!ANS.(アンス)は毛穴治療のためのお薬を最短翌日でご自宅にお届けします。毛穴の黒ずみ・つまり・ひらきは皮脂をコントロールして身体の中から治療しましょう。
今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!
記事の監修者
竹村 昌敏
ANS.監修医 2008年高知医科大学医学部卒業。初期研修後都内の大学病院麻酔科入局。 その後、整形外科へ転科。2015年から医療×ITのスタートアップに参画し医療監修を務める。医療×IT分野の執筆多数。 医療×ITを美容医療に導入するべくANS.の立ち上げに参画。ANS.クリニック院長。

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /