肌悩み解決

顔のシミを自分で消す方法はある?シミの種類や有効成分について解説

顔のシミを自分で消す方法はある?のTOP画像

  • サプリや薬を飲んでいるけど、なかなかシミが治らない
  • このシミに合う薬はどれ?
  • シミをセルフケアで何とかしたい

この記事を読んでいるあなたは今、上記のように考えているかもしれません。

結論を先にお伝えすると、シミにはセルフケアで消えやすいシミと消えづらいシミがあります

消えにくいシミに対してレーザーなどの美容医療でケアするのがおすすめな一方、セルフケアで消えやすいシミに対しては生活習慣を改善するほか、皮膚科で薬を処方してもらうこともおすすめです。

以下では、シミの種類やセルフケアの方法について詳しく解説するのでぜひ参考にしてください。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

シミの種類

もしもハイフでもたるみが解消されなかったら?シミの主な原因は体外に排出されずに皮膚に蓄積したメラニン色素です。

メラニン色素は通常皮膚から排出されます。しかし何らかの原因でメラニンが過剰に生成されたり、ターンオーバーが乱れることによりメラニンの排出が滞ると、シミとして肌に出現します。

顔や身体にできるシミは主に6種類あり、セルフケアで消えやすいシミと消えづらいシミがあります。

自分で消せるシミ(内服、塗り薬)

自分で消せるシミの解説画像自分で消せるシミは、以下の3種類です。

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑

それぞれの特徴をまとめました。

老人性色素斑 ・紫外線
・ターンオーバーの乱れや低下
・茶褐色~茶色
・輪郭がくっきり
・形・大きさが様々
炎症後色素沈着 ・傷跡
・ニキビ跡(吹き出物)
・やけど
・虫刺され
・灰褐色、茶褐色、紫褐色
・ムラがある
・傷や炎症の跡にできる
肝斑 ・紫外線
・ホルモンバランスの乱れ
・ストレス
・左右対称
・輪郭がぼやけて薄い

老人性色素斑は、生成されたメラニンが加齢によるターンオーバーの乱れによって、排出されずに肌に残ってできるシミです。紫外線に当たりやすい部位にできやすいのが特徴です。

炎症性色素沈着は、かさぶたを形成したり、炎症を起こした箇所が治癒する際にメラニンが異常に生成されてシミになる現象です。傷やニキビができていた部位にできるのが特徴です。

肝斑は、顔に左右対称にできる薄いシミです。肝斑の原因ははっきりしていませんが、ホルモンバランスの変化が影響しているとされ、30代前後の女性に多く見られる傾向にあります。

自分で消せるシミは、内服・塗り薬・スキンケアなどのセルフケアで薄くできる可能性があります。

自分で消せないシミ(レーザー、クリニック処置)

自分で消せないシミの解説画像自分で消せないシミは、以下の3種類です。

  • 雀卵斑(そばかす)
  • 脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

それぞれの特徴を、以下にまとめました。

雀卵斑(そばかす) ・遺伝
・紫外線
・小さな点状の斑点
・二の腕やデコルテにもできる
・濃くなったり薄くなったりする
脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう) ・加齢 ・茶褐色、黒褐色
・盛り上がったできもの
ADM(後天性真皮メラノサイトーシス) ・遺伝
・女性ホルモン
・紫外線
・老人性色素斑の放置
・老人性色素斑の放置・米粒~小豆くらいの大きさ
・両頬や下まぶたなどに多発
・灰色、くすんだ茶褐色

雀卵斑(そばかす)は、遺伝が関係しているとされ、紫外線の多い夏に濃く、少ない冬に薄くなる傾向があります。顔やデコルテによく見られますが、二の腕にもできることがあります。早いと3歳ごろから出現し、思春期に多く見られます。

脂漏性角化症は、老人性色素斑を放置しているとできるシミです。触ると少し盛り上がっているため境目がくっきり分かります。シミを長年放置していた中高年に多く見られることから「老人性イボ」とも言われます。

ADMは後天性真皮メラノサイトーシスとも呼ばれ、痣のような見た目をしていることがあります。肌の深い所から発生しているため、外用薬や内服薬の効果が出づらくレーザー照射が必要なシミです。

上記のシミはセルフケアでの改善が難しく、クリニックでの治療が必要です。

【無料】スマホで簡単に肌診断!

【無料】スマホで簡単に肌診断!自分の肌タイプが分からない!そんな方に向けてANS.(アンス)では肌トラブルの原因と治療ポイントが分かる肌診断を行っています。

会員登録など面倒な手続きも一切不要ですのでお気軽にお試しください。

顔のシミを消すのにおすすめの方法

顔のシミを消すのにおすすめの方法顔のシミには、皮膚科で処方される薬が有効です。レーザーなどのマシン治療に抵抗がある方でも、飲み薬と塗り薬なら不安なく取り入れられるでしょう。

  • 外用薬を使ってシミを消す方法
  • 内服薬を使ってシミを消す方法

内服・外用に分けて顔のシミに有効な処方薬を紹介します。

外用薬を使ってシミを消す方法

ハイドロキノン

ハイドロキノンハイドロキノンは、メラニン色素の生成を抑制し、シミや肌の色素沈着を軽減するシミ治療薬です。チロシナーゼと呼ばれる酵素の活性を抑制することと、メラニン色素を作るメラノサイトの数を減らす働きが、シミの改善に関係しています。

ハイドロキノンが有効なシミは、以下のとおりです。

  • 老人性色素斑
  • 肝斑
  • 炎症後色素沈着

トレチノイン

トレチノイントレチノインは、ビタミンA(レチノール)の誘導体を主成分とした角質層の改善や色素沈着の改善に効果を発揮する外用薬です。

ビタミンAは皮膚のターンオーバーを正常化し、古くなった角質層の排出を促すことにより健康な肌を作る作用があります。そのため表皮の一番深い層である基底層に沈着したメラニンが短期間で押し上げられ、排出される効果が期待できます。

トレチノインが有効なシミは、以下のとおりです。

  • 老人性色素斑
  • 炎症後色素沈着
  • 肝斑

内服薬を使ってシミを消す方法

ユベラ

ユベラユベラはトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)を主成分とした内服薬です。

ビタミンEは皮膚のターンオーバーを促進し、肌細胞の生まれ変わりをサポートする働きがあります。古い肌細胞が新しいものに置き換わり、シミや肝斑が排出されて薄くなる効果が期待できます。

また、強力な抗酸化作用を有し、紫外線などの酸化ダメージから肌を守るため、シミの濃化を防ぎます。

ユベラが有効なシミは、以下のとおりです。

  • 老人性色素斑
  • 炎症後色素沈着
  • 肝斑
  • そばかす

ハイチオール

ハイチオールハイチオールの主成分は L-システインというアミノ酸です。

L-システインは体内でターンオーバーを促進する働きがあり、肌の新陳代謝をサポートします。また、強力な抗酸化作用があり、肌を外部からのダメージから守ります。

ターンオーバーに作用することでメラニンの排出を促し、シミを薄くし、くすみの改善を促す効果が期待できます。

ハイチオールが有効なシミは、以下のとおりです。

  • 老人性色素斑
  • 炎症後色素沈薬
  • 肝斑
  • そばかす

トラネキサム酸

トラネキサム酸トラネキサム酸は、アミノ酸リシンをもとに人工的に合成された成分で、厚生労働省により「美白(シミ予防)効果がある成分」として認定されています。

参照:化粧品成分オンライン

メラノサイト活性化因子の働きを抑え、紫外線によるメラニン色素の生成を抑制し、シミの予防に役立ちます。

トラネキサム酸が有効なシミは、以下のとおりです。

  • 肝斑
  • そばかす
  • 老人性色素斑
  • 炎症後色素沈着

オンラインシミ治療は「ANS.(アンス)」

オンラインシミ治療は「ANS.(アンス)」テキストで読んでも自分にあった治療薬・治療方法が分からない!そんな方も少なくないのではないでしょうか。

ANS.(アンス)はオンライン上で簡単に完結する美肌治療サービスです。

スマホで気軽に医師に診察&相談が可能!あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

なるべくお金をかけずに顔のシミを消す方法

お金を安くすませたい方は市販薬を使うことをおすすめします。

市販薬は、比較的低予算でシミに対処できる方法で、ドラッグストアや通販でも気軽に入手できて取り入れやすいでしょう。

トランシーノⅡ|第一三共ヘルスケア

トランシーノⅡの商品画像

出典:第一三共ヘルスケア

トランシーノⅡは、トラネキサム酸が配合されている市販薬で、肝斑に有効と言われています。

トラネキサム酸の他にL-システインが含まれており、これらの成分が協力してメラニンの生成を抑制し、皮膚のターンオーバーを促進してメラニンの排出をサポートします。

更に、ビタミンCも配合されており、メラニンの産生を抑えるだけでなく、既に蓄積されたメラニンにも直接作用して色を薄くする働きがあります。

業務用ハイドロキノン 5%|旭研究所

業務用ハイドロキノン 5%の商品画像

出典:旭研究所

ハイドロキノンは皮膚科で処方される薬ですが、化粧品にも配合されています。

業務用ハイドロキノン 5%は純ハイドロキノンを5%配合したクリームで、ドラッグストアで入手可能です。

刺激の強い成分なので、医師の指導なしで市販で使う場合は濃度の低いものから徐々に試していくのがおすすめです。

ハイチオールCプラス2|大塚製薬

ハイチオールCプラス2の商品画像

出典:大塚製薬

ハイチオールはL-システインを240mg配合したシミ用内服薬です。

L-システインはシミの生成を抑制・シミの無色化・シミの排出と3つの作用があります。

ハイチオールCプラスは、ビタミンCが500mg配合されていて、よりメラニンの無色化が期待できます。

自分で顔のシミを消す方法

毛穴治療にウォーターピーリングは効果無い?毛穴の開きが治らないので買ってはいけないと話題に…老人性色素斑や炎症後色素沈着は、セルフケアで薄くできる可能性があります。シミに有効なセルフケア方法を3つ解説します。

  • 化粧品とサプリメント
  • 美白に良い食生活
  • 肌に良い生活習慣

さっそく取り入れてみてください。

化粧品とサプリメント

美白成分の含まれた化粧品とサプリメントを用いてシミにアプローチする方法です。

処方薬ほどの濃度はないので効果はマイルドですが、副反応の不安も少なく継続しやすいのがメリットです。

おすすめのスキンケア成分は、以下の通りです。

美白成分 効能
ビタミンC誘導体 メラニン生成の抑制、シミの予防
コウジ酸 メラニン生成のブロック、シミの予防
アルブチン メラニン生成の阻害、シミの薄化
リノール酸S メラニン生成の制御、肌の明るさ向上
ハイドロキノン 強力なメラニン生成抑制効果
mt-トラネキサム酸 メラニン生成の抑制、透明感向上
カモミラET メラニン生成指令の抑制、肌の明るさ向上
プラセンタエキス メラニン生成の防止、肌の美しさ促進

サプリメントでおすすめの栄養素は、以下の通りです。

成分 美容効果
ビタミンC 抗酸化作用:活性酸素からの皮膚を保護
コラーゲン生成促進:肌弾力維持
トラネキサム酸 色素沈着抑制:メラニンの過剰生成を防ぐ
L-システイン 抗酸化作用:細胞を保護
グルタチオン合成:デトックス
ビタミンE 抗酸化作用:細胞の酸化から保護・皮膚バリア強化
ビタミンB群 代謝促進:エネルギー生成・皮膚再生促進

 

美白に良い食生活

肌に良い栄養素を食事からとることもシミの予防につながります。

おすすめの食品は、以下の通りです。

栄養素 食品 効果・効能
ビタミンC オレンジ、レモン、イチゴ、パプリカ、ブロッコリー 皮膚のコラーゲン生成促進、抗酸化作用、メラニンの生成抑制
ビタミンE ひまわりの種、アーモンド、ほうれん草、アボカド 皮膚の弾力性向上、抗酸化作用
カロテノイド にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、トマト 抗酸化作用、紫外線からの保護、メラニン生成の調整
ポリフェノール 茶葉、ブルーベリー、くるみ、オリーブオイル 抗酸化、炎症抑制、肌の血行促進
オメガ-3脂肪酸 サバ、マグロ、チアシード、亜麻仁油 炎症抑制、保湿効果、皮膚バリア機能の向上
亜鉛 ひじき、大豆、牛肉、パンプキンシード 修復プロセスの促進、抗酸化作用
セレン ブラジルナッツ、卵、鶏肉、大豆 抗酸化作用、免疫機能のサポート
アンチオキシダント 緑茶、クランベリー、くるみ、キャベツ 細胞保護、抗炎症作用
水分 十分な水分補給(水、野菜ジュース、ハーブティー) 皮膚の水分補給、老廃物の排出

ビタミンやたんぱく質は、家庭の食材にも豊富に含まれているので気軽に取り入れることが可能です。

肌に良い生活習慣

肌に良い生活習慣は、美肌を維持し健康的な肌を促進するためにとても大切です。

睡眠は肌の修復と再生が行われる大切な時間です。十分な睡眠を確保することで、肌の新陳代謝が促進されてメラニンの排出が促されます。

また、運動は血行を促進し酸素や栄養が全身に行き渡りやすくなり、健康的な肌の維持に役立ちます。

一方、強い摩擦や引っ張りは肌に負担をかけ、色素沈着の原因となります。洗顔やタオルでのこすり過ぎは避け、肌を優しく扱いましょう。また、服や寝具の素材にも注意し、肌に優しい素材を選びましょう。

紫外線はシミの濃化や新たなシミの発生の原因となります。外出時には日焼け止めを使い、帽子や日傘を活用して紫外線から肌を守りましょう。

【無料】スマホで簡単に肌診断!

【無料】スマホで簡単に肌診断!自分の肌タイプが分からない!そんな方に向けてANS.(アンス)では肌トラブルの原因と治療ポイントが分かる肌診断を行っています。

会員登録など面倒な手続きも一切不要ですのでお気軽にお試しください。

美容医療で顔のシミを消す方法

HADA LOUNGEで施術を受けられるハイドラジェントル・マッサージピールをご紹介!セルフケアを頑張っても消えなかったシミには、美容皮膚科でのマシン治療がおすすめです。

シミに有効な治療は、以下のとおりです。

  • レーザー
  • フォトフェイシャル

レーザー

レーザー治療では、シミの原因となるメラニン色素に反応する波長を用い、エネルギーを利用してメラニン細胞を破壊する治療です。

たとえばQスイッチ型レーザーは、短いパルス幅で高いエネルギーを照射し、メラニンに吸収されてシミの色素を分解して体外への排出を促します。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルでは、インテンス・パルス・ライト(IPL)と呼ばれる特定の波長の光を使用します。この光は、シミや血管などの異常な色素に吸収され、熱に変換されてメラニンを破壊します。

特定の病変をターゲットとするレーザーに比べ、フォトフェイシャルではマイルドな光を顔全体に照射するので、顔全体のトーンアップも期待できます。

まとめ シミの処方薬はオンライン診療がおすすめ

シミの処方薬はオンライン診療がおすすめシミを薬で改善する場合、継続的な服用が必要です。

しかし、「薬がなくなるたびに皮膚科に出向く時間がない」「毎回診療してもらうのは大変」という方もいるでしょう。

そんなあなたには、オンライン診療の『ANS.(アンス)』がおすすめです。

そもそもANS.とは?

『ANS.』は、日々忙しい現代人に向けて、手軽で便利なオンライン診療を行っている伴走型のオンライン美肌治療サービスです。

スマホが1台だけで、診察から処方、処方薬の配達までが完結。予約不要で診察を受けられるので、隙間時間でも利用できます。

診察は、チャット形式で気軽に相談可能。自分のタイミングで落ち着いて相談ができます。

ANS.には、決まったセットやプランなどはありません。一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの処方を医師が行っています。

なお、お薬は1種類から配送可能で、定期しばりはありません。いつでも解約できます。

また、HADA相談室ではお薬の処方についてはもちろん、スキンケアの指導も行えます。

処方薬は、最短翌日で自宅のポストにも設定できるので、クリニックに出向かずシミの治療薬を試したい方は、まずは無料の肌診断を試してみてください。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

記事の監修者
竹村 昌敏
ANS.監修医 2008年高知医科大学医学部卒業。初期研修後都内の大学病院麻酔科入局。 その後、整形外科へ転科。2015年から医療×ITのスタートアップに参画し医療監修を務める。医療×IT分野の執筆多数。 医療×ITを美容医療に導入するべくANS.の立ち上げに参画。ANS.クリニック院長。

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /