ニキビ

アダパレンの効果は?服用期間や副作用などについても解説|注意点も

  • アダパレンってニキビにどんな効果があるの?
  • アダパレンを使ってみたいけど、副作用が心配

この記事を読むあなたは、そう悩んでいるかもしれません。

結論、アダパレンの副作用は多くの人に現れるため、副作用が出ても過度な心配は必要ありません。

この記事では、アダパレンについて副作用や服用方法を詳しく解説します。

ニキビ治療でアダパレンを使ってみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン ニキビ治療「ANS.(アンス)」

ニキビでお悩みですか?ANS.は、スマホを通じて医師に相談、診察(無料)。あなたに合ったオーダーメイド処方のニキビ治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

アダパレンとは

アダパレンとはアダパレンは、ビタミンA誘導体の一つであり、主にニキビ治療に使用される外用薬(塗り薬)です。

ビタミンAはターンオーバーを調節し、毛穴の詰まりを改善することでニキビの改善に効果が期待できます。また炎症性ニキビの後で生じる赤みや色素沈着を軽減する効果も期待できます。

アダパレンは比較的安全性が高く、重篤な副作用が少ないため、皮膚科医によって幅広い年齢層やニキビの症状に対して処方されます。ただし、皮膚の乾燥や刺激感を引き起こす場合があるため、使用方法や注意点を医師の指示に従って適切に行うことが大切です。

ANS.magazineでは美肌ケアの参考としてお薬の情報を掲載しております。ANS.で取り扱いのあるお薬や在庫状況については、別途お問い合わせください。

アダパレンの効果

アダパレンの効果

ここでは、さらに詳しくアダパレンの効果を解説します。

  • 白ニキビや黒ニキビの改善
  • いちご鼻の改善

さっそく見ていきましょう。

白ニキビや黒ニキビの改善

アダパレンは、従来のニキビ治療薬とは異なるアプローチが特徴です。従来の治療薬はアクネ菌の殺菌が主でしたが、アダパレンは表皮の角化細胞の分化を抑えることで、毛穴の詰まりを改善し、新しいニキビの形成を防ぎます。

ごく軽いピーリング作用もあり、毛穴汚れの排出がサポートできる点も特徴です。ただし強いピーリング作用ではないため、ピーリング効果を求める場合にはトレチノインのようなピーリング作用を主な効果としている薬のほうが向いています。

毛穴の詰まりを改善することで、とくに非炎症性皮疹(白ニキビ、黒ニキビ)に対する効果が期待できる薬です。

いちご鼻の改善

アダパレンゲルは、いちご鼻の改善にも効果が期待できます。いちご鼻は、毛穴の詰まりや角栓の酸化によって、鼻の表面がざらざらとした見た目になる状態です。

アダパレンのピーリング作用が古い角質を取り除くため、汚れで開いた毛穴が引き締まりやすくなります。また表皮の角化細胞の分化を調整する作用で、毛穴周辺の角質を正常化させ、排出しやすくなります。

アダパレンが角質の排出をサポートするので、皮脂が詰まって酸化したいちご鼻の改善にも用いられるのです。

アダパレンの副作用

アダパレンの副作用

アダパレン使用時は、全員ではありませんが比較的多くの人が副作用を感じます。副作用の主な症状としては、以下のとおりです。

  • 乾燥
  • 刺激やつっぱり感
  • かゆみ
  • 皮膚の剥がれ落ち
  • 赤み

副作用は、使い始めから2週間のうちに現れ、1カ月ほど使い続けると肌が薬に慣れて徐々に症状が落ちつくことが多いです。

1ヶ月過ぎても副作用の症状が治まらない場合は、アダパレンが体質に合っていない可能性があるので医師に相談が必要です。

アダパレンの使用中は、皮膚が敏感になります。肌トラブルがおこりやすくなるので、紫外線対策や保湿を徹底して過ごしましょう。

アダパレンの効果はいつから出る?使用期間の目安

アダパレンの効果はいつから出る?使用期間の目安

アダパレンの効果としては、約3ヶ月程度でニキビが有意に減少するとされています。ただしニキビのできにくい肌にするには、その後も一定期間の継続が必要です。アダパレンはニキビの前段階であるコメドやマイクロコメドの発生を抑制する効果があるため、今あるニキビがなくなった後も1年間の継続が推奨されています。

具体的には塗布を続けることで、1~2ヶ月程度経過すると、ニキビが少しずつ減少するのを実感できます。同時に、副作用も治まるでしょう。

約1年間の使用を続けると、ニキビができにくくなったり、赤く大きくならなくなったりすることを感じられますよ。

一方3ヶ月塗布して効果を実感できない場合は、ニキビにアダパレンが合ってない可能性もあるので医師に相談し、使用の中止を検討しましょう。

アダパレン使用の注意点

アダパレン使用時の注意点

アダパレンで副作用が起きても健康を害することはほとんどありません。しかし注意は必要です。

  • 粘膜の薄い部位には使用しない
  • 妊娠中は使用しない

それぞれ詳しく解説します。

粘膜には使用しない

アダパレンは刺激が強い薬なので、目や鼻、口などの粘膜には使用しないでください。目や口などの粘膜部分は、刺激を直接感じやすい部位です。刺激や痛みを強く感じる可能性があります。

いちご鼻が気になる方は、鼻に念入りに塗布します。鼻も粘膜が近い部位なので、中に入ったり吸い込んだりしないよう気を付けましょう。

同じ理由で切り傷や擦り傷、湿疹などの炎症がある部位には、炎症が治ってから塗布しましょう。

妊娠中や授乳中・12歳未満は使用しない

アダパレンは、妊娠中や妊娠の可能性がある場合使用しないよう推奨されています。

アダパレンの妊娠中への安全性に関する確証は立証されていません。また動物実験においてアダパレンが母乳に移行するとの報告があります。

12歳未満の使用に関しては、正式な臨床データが少なく安全性が確約できていません。12歳を過ぎていても同じ年代の子どもの場合、医師と相談して決めましょう。

アダパレンと似た薬|ディフェリン

 

ディフェリンはアダパレンの先発品です。つまり、アダパレンはディフェリンのジェネリックということです。

アダパレンとディフェリンは、主成分が同じで類似した効果や効能を持ちます。ジェネリックのためアダパレンのほうが安い価格なので、アダパレンが処方されるケースも多いです。

【無料】スマホで簡単に肌診断!

オンラインニキビ治療は「ANS.(アンス)」自分の肌タイプが分からない!そんな方に向けてANS.(アンス)では肌トラブルの原因と治療ポイントが分かる肌診断を行っています。

医師の診療は22時まで、チャットサポートは24時間受け付けているので、自分の好きなタイミングでスキマ時間を有効利用できますよ。

なお、肌診断は無料で行っています。

料金は薬の受け取りを決めて初めて発生するので、お気軽にお試しください。

アダパレンを使用してANS.でニキビ治療をした症例

アダパレンを使用してANS.でニキビ治療をした症例

アダパレンを使用してANS.でニキビ治療をした症例

【まとめ】アダパレンは効果が出るまで根気よく使い続けてみよう

アダパレンは、根気よく使い続ければニキビをできにくくする効果が期待できます。初めは副作用が出やすいですが、根気よく使い続けてみましょう。

そうはいっても副作用が心配ですよね。そんな時は、伴走型で相談しながら服用を続けられるオンライン診療のANS.(アンス)がおすすめです。皮膚科に通わなくても、肌状態をチャットやビデオ通話で医師が確認しながら治療を進められます。

そもそもANS.とは?

『ANS.』は、日々忙しい現代人に向けて、手軽で便利なオンライン診療を行っている伴走型のオンライン美肌治療サービスです。

スマホが1台だけで、診察から処方、処方薬の配達までが完結。予約不要で診察を受けられるので、隙間時間でも利用できます。

診察は、チャット形式で気軽に相談可能。自分のタイミングで落ち着いて相談ができます。

ANS.には、決まったセットやプランなどはありません。一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの処方を医師が行っています。

なお、お薬は1種類から配送可能で、定期しばりはありません。いつでも解約できます。

また、HADA相談室ではお薬の処方についてはもちろん、スキンケアの指導も行えます。

処方薬には定期縛りがなく、1ヶ月だけの処方もできるので、万が一アダパレンが合わなかった場合もすぐに服用を中止できます。

ANS.のオーダーメイド処方で、自分のニキビに合った治療を始めてみませんか。

オンライン ニキビ治療「ANS.(アンス)」

ニキビでお悩みですか?ANS.は、スマホを通じて医師に相談、診察(無料)。あなたに合ったオーダーメイド処方のニキビ治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

関連記事

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /