シミ肝斑

妊娠中のシミはいつ消える?妊娠中でもできるシミ対策

  • 妊娠してからシミが増えた
  • 妊娠中のシミは自然に消えるって本当?
  • 妊娠中にできたシミが治らない

これを読むあなたはそう悩んでいるかもしれません。

結論を先にお伝えすると、妊娠中にできたシミは出産後ホルモンバランスが正常に戻ると自然に消えることが期待できます。

そこでこの記事では、妊娠中でも使えるシミケアや、妊娠中でも使える処方薬について解説します。

シミに悩む方だけでなく妊娠中のシミを予防したい方も、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

妊娠中のシミの主な原因はホルモンバランスの変化

妊娠中のシミの主な原因はホルモンバランスの変化
妊娠中にシミができる主な理由は、ホルモンバランスの変化によるものです。

具体的には、女性ホルモンであるエストロゲンと、プロゲステロンの分泌量が増加することが挙げられます。

このホルモンの変動により、メラニンを生成する色素細胞が活性化され、シミが発生・悪化しやすくなります。

特に肝斑は妊娠中に発生しやすいシミの代表です。

口周囲や額、頬骨にできやすく、帯のようにシミが現れます。

妊娠に伴うホルモン変化が影響して、肝斑が発生することが多いです。

妊娠期間中は、このホルモンバランスの変動によってシミができやすくなります。

そのため、紫外線対策や適切なスキンケアで予防することが重要です。

また、妊娠中のシミ予防やケアには、刺激になりやすい攻めのケアよりも肌を守る対策が大切です。

妊娠中のシミは産後消える?

妊娠中のシミは産後消える?
妊娠中のシミは一過性のものであり、出産後にはホルモンバランスの安定とともに徐々に改善する傾向があります。

ホルモンバランスが安定することで、メラニンの過剰生成が落ち着いてくるためです。

ただし、妊娠中にできたシミが消えずに残ることもあります。

そのため、スキンケアや紫外線対策などを行い、シミの予防に努めることが大切です。

産後も引き続きシミに有効なスキンケアを行い、シミの改善をサポートすると良いでしょう。

妊娠中のシミに有効なセルフケア

妊娠中は、体質が変化したり刺激に敏感になりやすい時期。

いつもと同じケアだと肌荒れや体調不良を起こすリスクがあります。そこで、妊娠中にできるシミケアについて解説します。

  • 紫外線対策
  • 良質な睡眠をとる
  • 食生活を改善しビタミンCを摂取する
  • スキンケア

紫外線対策

紫外線対策

妊娠中は紫外線にも敏感になるため、日焼け止めの使用が大切です。

ただし、紫外線吸収剤や化学成分を含む日焼け止めは、敏感になっている肌が炎症を起こす可能性があります。心配であれば、肌に優しい日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

以下の基準で日焼け止めを選ぶと、肌への刺激が少ないといえます。

  • SPF値 18~30程度
  • PA値 +++程度

SPFは主に、UVBからの肌保護効果を示し、数値が高いほど効果が高まります。

SPF値は主に日焼けや紫外線Bによる肌の損傷から守る力の指標です。

PAはUVAからの肌保護効果を示し、「+」の数が多いほど効果が高まります。UVAは肌の奥深くに浸透し、シワやタルミの原因となるため、UVAに対する保護も重要です。

妊娠中においては、SPF値が適切な範囲にある日焼け止めがおすすめ。

SPF値が高すぎると肌への負担も大きくなりやすいので、レジャーなどでない日常生活においてSPFは30までで十分です。

妊娠中はメラノサイトの働きが活発化するため、UVA対策も考慮してPA値が高いものを選びましょう。

また、妊娠中は香りに敏感になる時期なので、無香料の日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

良質な睡眠をとる

良質な睡眠をとる

良質な睡眠はシミの予防・改善において重要な役割を果たします。

肌のターンオーバーを整えることがシミ対策に不可欠です。良質な睡眠は妊娠中のシミだけでなく、身体全体の健康にとっても大切です。

  • 読書
  • 軽いストレッチ
  • 瞑想
  • 入浴

これらを取り入れて、リラックスできる睡眠環境を整えます。

ただし妊娠中のアロマの使用は避けましょう。妊娠中に禁止されているアロマの種類が多く、使えるアロマを探すよりも妊娠中はアロマを使わないようにする方が無難です。

睡眠はストレスホルモンの減少にも役立つので、質の良い睡眠を心がけましょう。

食生活を改善しビタミンCを摂取する

シミに有効な栄養素を摂る
食事を通じてバランスの取れたビタミンC摂取を心掛けることで、肌の健康維持やシミの予防をサポートします。

抗酸化作用もあり、メラニン色素を還元する作用があるため、既にできたシミを薄くする効果が期待できるのがビタミンC(アスコルビン酸)です。

ビタミンCは水溶性の栄養素であり、一度に大量摂取しても体内で排出されてしまう特性があります。そのため、毎食でビタミンCを摂ることが必要です。

特に柑橘類(オレンジ、レモン)やいちご、パプリカ、ブロッコリーなどの食品には豊富に含まれています。

スキンケア

スキンケア

妊娠中に、改めてスキンケアを見直すこともおすすめです。

妊娠中は肌が通常よりも敏感になっているため、少しの刺激でも肌荒れしやすい状態になっています。

アルコールや収れん性の強い成分が入った製品は避け、肌にやさしいアイテムを選んでください。

収れん作用とは、肌を収縮させて引き締める作用のことです。

洗顔やスキンケアの際には、優しく撫でるような動作を心がけましょう。力を入れすぎると肌への負担が増えます。

また、時間をかけずに手入れができると、体調不良でも肌のコンディションを維持しやすくなります。メイクも落としやすいアイテムを使用しましょう。

妊娠中のスキンケアでは、肌の変化に敏感に対応し、肌に負担をかけないようなケアが重要です。

妊娠中のシミにおすすめなスキンケア商品

妊娠中でも使いやすいスキンケア製品を紹介します。

  • ファンケル ホワイトニング 化粧液 II しっとり
  • dプログラム ホワイトニングクリアエッセンス EX
  • メディプラス オールインワンゲル メディプラスゲル
  • 花梨の化粧水

ホワイトニング 化粧液 II しっとり|ファンケル

ホワイトニング 化粧液 II しっとり|ファンケル

画像:ファンケル

ファンケルのホワイトニング 化粧液は、シミ予防やくすみ、肌あれ時期に使える無添加の薬用製品です。持続型ビタミンC誘導体を含んでいて、美白作用が期待できます。

メーカー独自の機能成分「アクティブビタミンCα」が配合されているのが特徴です。この成分は、ビタミンCの質を高め、機能を最大限に引き出すことでメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぎます。

とろみがあるテクスチャーで伸びが良く肌に潤いを閉じ込める化粧水です。

dプログラム ブライトイングクリアローション|資生堂

dプログラム ブライトイングクリアローション|資生堂

画像:資生堂

資生堂のdプログラムシリーズは、敏感肌用のスキンケアラインです。

美白ラインのブライトニングクリアは、厳選された成分が配合され、クリーンな製法で仕上げられています。

また、パラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリーであり、無香料、無着色、弱酸性となっています。低刺激設計で、敏感肌の方の協力によるパッチテストおよびスティンギングテスト済み。

敏感肌への影響も考慮しながら美白ケアができる化粧水・乳液です。

ホワイティクリアゲル|メディプラス

ホワイティクリアゲル|メディプラス 

画像:メディプラス

ホワイティクリアゲルは、保湿機能と低刺激性に重点を置いたメディプラス初の美白アイテムです。

「グリチルリチン酸ジカリウム」が肌荒れを防ぎつつ、「トラネキサム酸」がシミのもととなるメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを予防します。

潤いの膜で肌を覆うので、肌が直接大気汚染に触れるのを防ぎ、敏感肌の炎症を抑えます。

PM2.5や花粉による炎症を起こしやすい方にもおすすめです。

バランシングVCクリアスポッツ|エトヴォス

バランシングVCクリアスポッツ|エトヴォス 

画像:エトヴォス

パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油などが無添加のエトヴォス。バランシングはニキビ・美白用ラインです。

安定型ビタミンC誘導体(ビスグリセリルアスコルビン酸)が配合され、特にあご周りやおでこなどのパーツ悩みに働きかけます。

オイルフリー処方でさらりとしたテクスチャーなので、毛穴が気になるときにメイクの上から使用できます。

アゼライン酸誘導体(アゼロイルジグリシンK)が含まれているのが特徴です。アゼライン酸誘導体は整肌成分として使用され、季節の変わり目や生活習慣の変化による肌のゆらぎに対応します。

妊娠中のシミ対策はクリニックの処方薬がおすすめ!

妊娠中のシミ対策はクリニックの処方薬がおすすめ!

妊娠中は取らないほうがよい成分の制限が多いので、注意が必要です。自己判断でケアをすると思わぬ健康被害を引き起こすリスクがあります。

医師の判断のもと処方薬を使うほうが安全性を確保できるでしょう。

妊娠中は皮膚科に通うのも大変かもしれませんが、今はオンライン診療なども可能なのでぜひ活用してみてください。

シミ対策で用いられる内服薬に下記のようなものがあります。

  • トラネキサム酸(内服薬)
  • ハイチオール(内服薬)
  • ビタミンC(内服薬)

トラネキサム酸(内服薬)

トラネキサム酸
効果 シミや肝斑の改善による美白効果
のどの痛みや口内炎など炎症を抑える効果
生理や怪我による出血を止血する効果
副作用 食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、眠気、そう痒感、発疹など

トラネキサム酸は、人工的に生成されたアミノ酸で、主にシミや肝斑の治療に使用されます。

トラネキサム酸は、このメラノサイトの活性化とメラニン色素の生成に必要なプロスタグランジンという物質を抑制することでシミを予防します。

ハイチオール(内服薬)

ハイチオール
効果 シミ・そばかすの改善
肌荒れの改善
疲労改善
アレルギーの改善
二日酔いの改善
副作用 悪心や下痢、口渇、軽度の腹痛など

ハイチオールに含まれる主要な有効成分は、L-システインです。

肌や髪の毛、爪に多く存在するL-システインは、シミやそばかす、肌荒れに有効です。

以下の食材は、L-システインを含む食材として知られています。

  • 小麦
  • 大豆
  • かつお節

L-システインは十分な量を食事から摂取することは難しいため、内服薬で補うと効率よく摂取できます。

ビタミンC(内服薬)

ビタミンC(内服薬)
効果 メラニン色素形成の抑制、皮膚の色素沈着(シミなど)の改善
副作用 下痢・胃部不快感・悪心・嘔吐など

ビタミンCは水溶性のビタミンであり、美容や健康に多くのメリットをもたらす成分です。

その効果としては、メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぐとともに、肝斑の症状を改善することです。

また、コラーゲン生成にも関係しています。

その他にも疲労回復やストレスへの抵抗力向上、ミネラルの吸収を促進する作用が特徴です。

多くの食材に含まれている身近なビタミンですが、水溶性でため込むことができません。

そのため内服薬で補うと、無理なく必要量を摂取できるでしょう。

ANS.magazineでは美肌ケアの参考としてお薬の情報を掲載しております。ANS.で取り扱いのあるお薬や在庫状況については、別途お問い合わせください。

まとめ 妊娠中のシミケアには自宅で薬が受け取れるオンライン診療のANS.

毛穴悩みには内服薬という選択肢も
妊娠中は肌も敏感になって、いつものスキンケアが肌に合わなくなることも。一方、肝斑が増えたり、紫外線にも敏感になったりして、シミケアの重要性も高まります。

処方薬は医師の処方のもとで使用できる薬なので、妊娠中にも安心して服用できます。

「体調がすぐれず皮膚科に行けない」
「皮膚科に行く時間が取れない」

そんなあなたには、オンライン診療の『ANS.(アンス)』がおすすめです。

そもそもANS.とは?『ANS.』は、日々忙しい現代人に向けて、手軽で便利なオンライン診療を行っている伴走型のオンライン美肌治療サービスです。

スマホ1台だけで、診察から処方、処方薬の配達までが完結。予約不要で診察を受けられるので、隙間時間でも利用できます。

診察は、チャット形式で気軽に相談可能。自分のタイミングで落ち着いて相談ができます。

ANS.には、決まったセットやプランなどはありません。一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの処方を医師が行っています。

なお、お薬は1種類から配送可能で、定期しばりはありません。いつでも解約できます。

また、HADA相談室ではお薬の処方についてはもちろん、スキンケアの指導も行えます。

無料のオンライン肌診断なら、自宅からでも受診できて薬も自宅で受け取れるので、妊娠中でもシミ治療を始められます。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

関連記事

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /