シミ肝斑

そばかすがある人の特徴は?消し方や増やさないための対処法を解説!

  • そばかすは生まれつきの体質だから諦めている
  • そばかすができやすい人ってどんな人?

この記事を読むあなたは、そう悩んでいるかもしれません。

結論、そばかすは遺伝的要素が強く関係していますが、紫外線を浴びると濃くなる傾向があります。

この記事では、そばかすができやすい人の特徴や、そばかすを予防する方法について詳しく解説します。

そばかすの治療方法もご紹介しているので、そばかすは体質だから消せないと思っている方は、ぜひご覧ください。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

そばかすができるメカニズム

そばかすができるメカニズム

過剰に作られたメラニンが排出されずに肌に残ることで、もともとあったそばかすが濃くなります。

そばかすが濃くなる仕組みはメラノサイトと呼ばれる色素細胞によるものです。

紫外線によるダメージを受けたメラノサイトは、メラニン色素を生成し始めます。

過剰に生成されたメラニンがターンオーバー(肌の生まれ変わりのリズム)とともに肌から排出されず、肌の内部に留まり、そばかすが濃くなるのです。

シミ・肝斑との違い

シミ・肝斑との違い

そばかすのシミや肝斑との違いは、遺伝的要因が強く関係していることです。

シミ(老人性色素斑)は、紫外線のほか、加齢ホルモンバランスの変化炎症などが引き金となって発生します。大きさや形状は様々で、一般的にはそばかすよりも大きく、より濃い色をしている点が特徴です。

肝斑は、主にホルモンバランスの変化が関与し、妊娠中やホルモン補充療法中の女性に見られることが多いシミです。主に顔の両頬や額に現れ、そばかすやシミよりも薄く、ぼやけて不規則な形をしています。

そばかすは特に遺伝によって引き起こされ、小さな点状で散在するのが特徴です。

そばかすがある人の3つの特徴

そばかすがある人の3つの特徴

そばかすの見分け方として、そばかすがある人の特徴を3つ解説します。

  • 家族もシミが多い
  • 色白である
  • 地毛の色が明るい

当てはまっていると、そばかすである可能性が高まります。

家族もシミが多い

実際に家族にそばかす体質の人がいる場合、遺伝的要因がそばかすの発生に関与している可能性があります。

肌の白さや髪色の明るさなどの条件が揃っていると、そばかすが出る可能性は高まります。
家族にそばかすが多い人がいる場合、その体質が遺伝するとそばかすができやすくなるのです。

色白である

一般的に、そばかすは白人や色白の人によく見られる傾向があります。これは、遺伝的な要因によるものです。色白の人は遺伝的にフェオメラニンが多く存在します。

フェオメラニンは、メラニン色素の一種であり、特に紫外線に対する保護能力が低いため、日光の影響を受けやすく、そばかすが発生しやすいとされています。

日本人や東洋人の中にも、遺伝的な要因でフェオメラニンが多い人が存在しますが、一般的にはユーメラニンという色素のほうが多いです。そのため、日本人や東洋人は一見そばかすに見えて実は別のシミだったというケースもあります。

地毛の色が明るい

髪色が明るいことも、そばかすができやすい人の特徴です。

生まれつき髪色が金髪やライトブラウンなどのように明るい人は、一般的にフェオメラニンを多く保有している可能性が高いです。

フェオメラニンは、紫外線に対する保護能力が低く、紫外線の影響を受けやすい傾向があります。そのため、髪色が明るい人は、日光や紫外線による刺激を受けた際に、そばかすが発生しやすい可能性があります。

そばかすを増やさない方法

そばかすを増やさない方法

そばかすは生まれつきの体質によるものですが、濃くなることは防げます。そばかすを増やさないためにできることを3つ解説します。

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • 生活習慣を整える
  • 肌の保湿を怠らない

普段から心がけてみてください。

紫外線対策をしっかりと行う

遺伝でできたそばかすも、シミと同じく紫外線で濃くなる性質があるため、紫外線対策は必須です。

まずは日傘や長袖の服などで肌に当たる紫外線量を減らしましょう。特に顔や首、手の甲など、紫外線に直接当たりやすい部位は日焼け止めを塗ることも良いです。日焼け止めは落ちやすいため、とくに紫外線が強い場合は2〜3時間おきに塗り直すことで効果を維持します。

紫外線は季節に関係なく年間を通して降り注ぐため、夏だけでなく冬も含めて紫外線対策を行うことが重要です。特に初夏には紫外線のピークが訪れるため、十分な対策を行いましょう。

紫外線対策をすることで、メラニンの過剰生成を防止しそばかすが濃くなることを防げます。

生活習慣を整える

そばかすの予防において、睡眠と生活習慣の整え方も大切です。
以下を心がけて、肌に良い生活を送りましょう。

  • ビタミンを積極的にとる
  • 上質な睡眠でターンオーバーを整える
  • ストレスを軽減してホルモンバランスを整える

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが促進されます。適切な睡眠をとることで、肌の新陳代謝が正常に行われ、そばかすの予防につながります。

就寝前の食事は3時間前までに済ませ、胃腸を休めるようにしましょう。また、就寝前のブルーライトを発するデバイスの使用を控えることで、睡眠の質を向上できます。

定期的な運動は深い睡眠を促進し、ストレスを軽減する助けになります。

乱れた生活習慣は成長ホルモンの分泌を阻害し、ターンオーバーを乱す原因です。生活習慣を整えて、身体の内側から肌を整えましょう。

肌の保湿を怠らない

保湿によってターンオーバーを整えることも、そばかす予防に有効です。

乾燥した肌は、角質が硬くなり、正常なターンオーバーが阻害されることがあります。この状態が長く続くと、メラニンの蓄積が起こりやすくなります。その結果、そばかすが悪化する可能性が高まるのです。

保湿は肌の水分量を保ち、肌の柔軟性や健康を維持するために不可欠です。保湿された肌は柔らかく、ターンオーバーが円滑に行われやすくなります。その結果、メラニンが蓄積しにくくなり、そばかすの発生を予防する効果が期待できます。

そばかすの消し方

フォトフェイシャルそばかすは広範囲に広がるので、1個ずつ対策するよりも全体をケアする治療がおすすめです。そばかすの改善に向いているクリニック治療を2つ紹介します。

  • ピコフラクショナル
  • フォトフェイシャル

自分に合った治療を選ぶ参考にしてみてください。

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルは、そばかす治療にも効果を発揮する美容施術の一つです。

高密度のピコレーザーを照射することで、肌内部に小さな穴を開けます。

穴の治癒過程でコラーゲンやエラスチンの生成が促進され、肌の修復や再生が促されるのです。これにより、メラニンの排出が促されて、そばかすの薄化が期待できます。

ピコフラクショナルは熱を利用した従来のCO2フラクショナルレーザー治療と比較して、肌へのダメージが少ないとされています。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、IPL(Intense Pulsed Light)というフラッシュライトを用いて行われる治療方法です。

IPLの光はメラニンに吸収され、その熱によってメラニンが分解されてシミが薄くなる仕組みです。

定期的なフォトフェイシャル治療を行うことで、メラニン色素の生成を抑える効果も期待できます。これにより、シミやそばかすが再発しにくくなります。

皮膚科の処方薬ならそばかす全体に成分を届けやすい

皮膚科の処方薬は、その安全性と効果が厚生労働省に評価されています。医師による適切な監視のもとで処方されるため、適切に使用されれば安全性と効果を両立した治療が期待できます。

そばかす治療に向いている処方薬の厳選3種類は、以下のとおりです。

  • ビタミンC
  • トラネキサム酸
  • ハイチオール
ANS.magazineでは美肌ケアの参考としてお薬の情報を掲載しております。ANS.で取り扱いのあるお薬や在庫状況については、別途お問い合わせください。

ビタミンC

ビタミンC(内服薬)
効果 メラニン色素形成の抑制、皮膚の色素沈着(シミなど)の改善
副作用 下痢・胃部不快感・悪心・嘔吐など

ビタミンCは、美肌に効果的な成分です。

強力な抗酸化作用を持つビタミンCは、肌を外部のダメージや酸化から保護し、健康な肌をサポートします。

さらに、ビタミンCはメラニン色素の合成を抑制し、シミを薄くする効果も。メラニンの排出を助けることで、今あるシミを改善します。

トラネキサム酸

トラネキサム酸
効果 シミや肝斑の改善による美白効果
のどの痛みや口内炎など炎症を抑える効果
生理や怪我による出血を止血する効果
副作用 食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、眠気、そう痒感、発疹など

内服によるトラネキサム酸の摂取は、そばかすを薄くするサポートになる成分です。

トラネキサム酸は、人工的に合成されたアミノ酸の一種であり、メラニン色素の生成を抑制する効果があります。これにより、シミの予防や薄化に効果があると認識されています。

そばかすは、紫外線によって濃くなりますよね。トラネキサム酸は炎症を抑制する効果もあり、炎症過程で発生する色素沈着の軽減も期待できます。

ハイチオール

ハイチオール
効果 シミ・そばかすの改善
肌荒れの改善
疲労改善
アレルギーの改善
二日酔いの改善
副作用 悪心や下痢、口渇、軽度の腹痛など

ハイチオールは、美肌効果のあるL-システインを主成分とした内服薬です。

L-システインは、肌のターンオーバーを促進する働きがあります。古い角質が効率的に剥がれ落ち、新しい肌細胞が生まれるサイクルが活性化されます。その結果、そばかすなどの色素沈着が軽減され、肌が明るくなる仕組みです。

またL-システインは、強力な抗酸化作用を持っています。肌を外部の酸化ストレスから守り、ダメージを受けにくくします。そばかすの原因となる紫外線やその他の外部刺激から肌を保護し、健康な肌を維持できるでしょう。

【無料】スマホで簡単に肌診断!

毛穴の白いニョロニョロは柔らかくして溶かし出す!医薬品ならオンライン診療で
自分の肌タイプが分からない!そんな方に向けてANS.(アンス)では肌トラブルの原因と治療ポイントが分かる肌診断を行っています。

会員登録など面倒な手続きも一切不要ですのでお気軽にお試しください。

ANS.でシミ治療をした症例紹介

ANS.の処方薬を使って肝斑治療をした症例紹介
ANS.の処方薬を使って肝斑治療をした症例紹介

まとめ そばかす体質でも治療すればそばかすは消える

完全オーダーメイドの診察で一人一人に合った薬を処方

そばかすは遺伝的な要素もありますが、適切な治療を受ければ改善できます。治療方法としては、レーザーフォトフェイシャルなどの美容施術、または内服薬外用薬などの処方薬が有効です。

わざわざクリニックに行くほどでもないという方は、オンライン診療で処方薬を試してみましょう。

処方前だけでなく、服用中もいつでもスマホ1つで相談できるので、不安なくシミ治療を進められるでしょう。

オンライン診療が初めてで不安な方は、ANS.がおすすめです。診療・薬の処方後のサポートも充実していて、伴走型でシミ治療を継続できます。

そもそもANS.とは?

『ANS.』は、日々忙しい現代人に向けて、手軽で便利なオンライン診療を行っている伴走型のオンライン美肌治療サービスです。

スマホが1台だけで、診察から処方、処方薬の配達までが完結。予約不要で診察を受けられるので、隙間時間でも利用できます。

診察は、チャット形式で気軽に相談可能。自分のタイミングで落ち着いて相談ができます。

ANS.には、決まったセットやプランなどはありません。一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの処方を医師が行っています。

なお、お薬は1種類から配送可能で、定期しばりはありません。いつでも解約できます。

また、HADA相談室ではお薬の処方についてはもちろん、スキンケアの指導も行えます。

チャットサポートは24時間、医師の診療は22時まで対応しているので、クリニックに行かなくても不安なくそばかす治療ができますよ。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

関連記事

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /