シミ肝斑

お金をかけずに肝斑を治せる?自宅でできるセルフケアと市販薬・処方薬を紹介

  • 顔にできたシミが肝斑か他のシミか区別がつかない
  • 肝斑が多いけど自分で治せる?
  • 肝斑に効く薬を安く手に入れる方法はある?

この記事を読むあなたはそう悩んでいるかもしれません。

結論を先にお伝えすると、セルフケアで肝斑を治すよりも、処方薬で治すほうが高い効果が期待できます。

そこでこの記事では、お金をかけずにできる肝斑ケアについて解説していきます。肝斑治療に使われる処方薬も紹介しているので、肝斑の治療を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

肝斑とは

肝斑(かんぱん)は、主に顔の頬や額、鼻などに現れる色素沈着の一種で、特に30代以降の女性に多く見られます。

顔に左右対称に現れ、薄くモヤモヤとしたくっきりしない形状が特徴です。

肝斑は主に女性ホルモンの変化や妊娠、遺伝的要因などが影響を与えます。そのため妊娠中の女性や経口避妊薬を服用している女性は肝斑ができやすい傾向にあります。

肝斑の発生は個人差があり、摩擦や刺激、日光への曝露量が多いと濃くなる特徴があります。

肝斑と他のシミとの違い

肝斑は主に顔に発症し、特に頬や鼻のあたりに左右対称に広がります。

肝斑は主に30~40代の女性に多く見られ、正常皮膚との境界がぼんやりしているのが特徴です。

他のシミは加齢によって増える傾向にあり、シミとそうでない皮膚との境目がくっきりしているのが特徴です。また、紫外線に当たりやすい部位ならどこにでもできるので、鼻や目の周りなど、特定の場所だけにできるわけではありません。

肝斑をセルフケアで完全に消すことは難しい

肝斑をセルフケアで完全に消すことは難しく、市販のクリームや紫外線対策だけでは充分な結果が得られないことがあります。

市販の薬は、重篤な健康被害を避けるために効果もマイルドになっています。そのため、肝斑に与える作用が不十分な可能性があるのです。

一方で、セルフケアできれいに消すことは難しくても、紫外線対策や美白ケアで肝斑を薄く見えにくくしたり、悪化を防ぐことは可能です。

お金をかけずに自分でできる肝斑ケア

美容クリニックでの治療は1回の施術料金が高く、何度も施術するとコストがかさみます。

そこで、できるだけお金をかけずにできる肝斑ケアについて解説します。

生活習慣を改善してホルモンバランスを整える

生活習慣を改善してホルモンバランスを整える

肝斑の発生はホルモンバランスの変化が関係しているため、ホルモンバランスを整えることが大切です。

ホルモンバランスを整えるには、生活習慣を改善することが重要です。

たとえば、質の良い睡眠を規則正しく取るようにしたり、ストレス解消を心がけたりすることで、乱れたホルモンバランスが整います。

また適度な運動や入浴は、リラックスを促しホルモンバランスの乱れが改善するので積極的に取り入れましょう。

ビタミンCを摂取

シミに有効な栄養素を摂る

ビタミンCは抗酸化作用があり、免疫力向上やコラーゲンの生成に必要な栄養素です。

またビタミンCは水溶性なので、体内にため込むことが難しい特性があり、こまめな摂取が必要です。

特にビタミンCが豊富に含まれている食材は、フルーツ類と緑黄色野菜

ビタミンCを含む食材はたくさんあるので、必要に応じてサプリメントも活用しながら積極的にビタミンCを摂りましょう。

紫外線対策

紫外線対策

肝斑は紫外線の影響で濃くなる可能性があるため、紫外線対策も重要です。

夏や日がさして暑い日はもちろん、屋内や曇りの日でも紫外線を浴びています。屋内でも日焼け止めを使ったりUVカットカーテンを利用したりするなど、紫外線対策を心がけることが大切です。

また、外にいる時は、日焼け止めだけでなく帽子や日傘を取り入れるのもおすすめです。肝斑は目の周りに広がることも多いので、サングラスの着用も良いでしょう。

摩擦を避ける

摩擦を避ける

肝斑は刺激に敏感で、少しの摩擦や刺激でも濃くなることがあるため、肌を触る際は摩擦にならないように気を付ける必要があります。

顔をこすり過ぎることで濃くなったり、新たな肝斑ができるリスクがあるのです。

そのため顔を拭く際には、力を入れずに優しく抑えるように拭くことが大切です。強い摩擦が肌に与える刺激を最小限に抑え、肝斑の悪化を防ぎます。

またスキンケアの際には、こすらずに肌を押さえるようにして、スキンケアアイテムを肌に乗せるように塗布しましょう。

薬を使う

薬を使う

肝斑に有効な成分を含むシミ用の薬は、肝斑に働きかけることができます。

特に内服薬はシミに有効な成分を肌への負担を少なく肝斑に届けることが可能です。

薬の効果を感じるには、定期的な利用と継続が重要です。医師の指示に従い、薬の使用を欠かさず続けることで、より効果的なシミケアが可能となります。

肝斑を治療するなら皮膚科の処方薬もおすすめ

ここからは、肝斑に有効な皮膚科の処方薬を3つご紹介します。

  • ユベラ
  • ハイチオール
  • シナール
  • トラネキサム酸

ユベラ

ユベラ
効果 血行促進によるシミ・肝斑

・ニキビ跡の改善
抗酸化作用によるシワ・たるみ・シミの改善

副作用 便秘、胃部不快感、下痢、発疹など

ユベラは、ビタミンEを含有する内服薬です。肌の美容と健康に効果的な処方薬です。ビタミンEは「若返りのビタミン」とも言われ、抗酸化作用や血行促進作用があります。

ユベラには軟膏・錠剤・カプセルの3種類あり、シミの治療に用いられるのは内服薬です。

ユベラ錠は、ビタミンE欠乏症や末梢循環障害(しもやけ、手足の冷え、肩こりなど)の治療に用いられます。また、皮膚科や美容クリニックではシミ・そばかす、肝斑の予防改善やアンチエイジング目的で使用される内服薬です。

ハイチオール

ハイチオール
効果 シミ・そばかすの改善
肌荒れの改善
疲労改善
アレルギーの改善
二日酔いの改善
副作用 悪心や下痢、口渇、軽度の腹痛など

ハイチオールとは、L-システインを主成分とした内服薬です。

L-システインは、メラニンの生成を調整する役割があるのでシミの薄化に役立ちます。また肌の保湿力を向上させる効果があるため、乾燥によるシミの悪化を防ぎます。

抗炎症作用もあり、L-システインは美肌に必須の成分と言えるでしょう。

シナール

シナール
効果 メラニン色素形成の抑制、皮膚の色素沈着(シミなど)の改善
副作用 下痢・胃部不快感・悪心・嘔吐など

シナールとは、ビタミンC(アスコルビン酸)とビタミンB(パントテン酸カルシウム)の2つの成分が配合された医療用医薬品で、主にビタミン剤として使用される内服薬です。

アスコルビン酸はビタミンCのことで、メラニン色素の産生を抑え、既存のメラニン色素を薄くする働きがあります。

パントテン酸カルシウムはコラーゲン生成に必要な補酵素として機能し、肌のハリや弾力をサポート。またビタミンCの働きを高め、肌のトーンを均一にする効果も期待できます。

シナールは肌に必要なビタミンの含有量が多く、総合的に肌の健康をサポートします。

トラネキサム酸

トラネキサム酸
効果 シミや肝斑の改善による美白効果
のどの痛みや口内炎など炎症を抑える効果
生理や怪我による出血を止血する効果
副作用 食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、眠気、そう痒感、発疹など

トラネキサム酸とは、メラニンの生成を抑制する作用がある処方薬です。また炎症を鎮める効果もあるため、肌荒れの予防効果も期待できます。

トラネキサム酸はその美白効果を認められてから化粧品や市販薬にも配合されるようになりました。

クリニックで処方されるトラネキサム酸は、市販薬や化粧品よりも高用量のトラネキサム酸含有量なのでよりシミへの効果が期待できるでしょう。

ANS.magazineでは美肌ケアの参考としてお薬の情報を掲載しております。ANS.で取り扱いのあるお薬や在庫状況については、別途お問い合わせください。

お金をかけずに肝斑ケア 市販薬を使う

お金をかけずに肝斑ケア 市販薬を使う

できるだけお金をかけずに肝斑ケアをするなら、市販薬もおすすめです。ドラッグストアや小売店で手軽に入手でき、すぐに始められるのも市販薬のメリットです。

  • トランシーノⅡ|第一三共ヘルスケア
  • トランシーノホワイトCクリア|第一三共ヘルスケア
  • シナールEX pro チュアブル錠|シオノギヘルスケア株式会社
  • ハイチオールCプルミエール|エスエス製薬
  • ハイチオールホワイティアプレミアム|エスエス製薬
薬名 メーカー 効果 有効成分 区分
トランシーノⅡ 第一三共ヘルスケア 肝斑の改善 トラネキサム酸
L-システイン
ビタミンC
第一類医薬品
トランシーノホワイトCクリア 第一三共ヘルスケア シミ・そばかす・肝斑の改善 アスコルビン酸
L-システイン
など
第三類医薬品
シナールEX pro チュアブル錠 シオノギヘルスケア株式会社 ビタミンCの補給
肌の健康維持
アスコルビン酸

ビタミンB2誘導体天然型ビタミンEなど

第三類医薬品
ハイチオールCホワイティア エスエス製薬 しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症の改善 L-システイン 第三類医薬品
ハイチオールホワイティアプレミアム エスエス製薬 しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着の改善 L-システイン
アスコルビン酸
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
第三類医薬品

市販薬はドラッグストアや薬局、スーパーマーケットなどで手軽に入手できます。処方箋なしで購入できるため、欲しいと思ったらすぐに入手できるのがメリット。

市販薬には多くの種類やブランドが存在し、自身の好みや体質に合わせて豊富な選択肢から選べるのも嬉しいポイント。また同じ成分を含む製品が複数あるため、価格競争があり、比較的安価で入手できるのもメリットです。

市販薬は重篤な副作用のリスクが少ないため、気軽に取り入れられるシミ対策といえるでしょう。

まとめ 処方薬で肝斑治療ならANSの無料肌診断がおすすめ

まとめ 処方薬で肝斑治療ならANSの無料肌診断がおすすめ
肝斑は少しの刺激でも濃くなるため、やみくもにレーザーや美容治療をすると逆に増えてしまうリスクがあります。

皮膚科の内服薬なら、効果の認められた処方薬で、肌に負担をかけずに肝斑治療ができます。

「皮膚科に行きたいけど、時間がない」
「病院の待ち時間が苦痛」

そんなあなたには、オンライン診療の『ANS.(アンス)』がおすすめです。

そもそもANS.とは?『ANS.』は、日々忙しい現代人に向けて、手軽で便利なオンライン診療を行っている伴走型のオンライン美肌治療サービスです。

スマホが1台だけで、診察から処方、処方薬の配達までが完結。予約不要で診察を受けられるので、隙間時間でも利用できます。

診察は、チャット形式で気軽に相談可能。自分のタイミングで落ち着いて相談ができます。

ANS.には、決まったセットやプランなどはありません。一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの処方を医師が行っています。

なお、お薬は1種類から配送可能で、定期しばりはありません。いつでも解約できます。

また、HADA相談室ではお薬の処方についてはもちろん、スキンケアの指導も行えます。

処方薬は最短翌日に届くので、すぐに服用を始めたい方はぜひ無料の肌診断をお試しください。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

関連記事

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /