肌悩み解決

男性のシミは女性と何が違う?シミの原因とメカニズムを解説!

男性のシミは女性と何が違う?シミの原因とメカニズムを解説!


この記事を読んでいるあなたは、

  • 老けて見られるの原因のシミをなくしたい
  • どんなシミ治療があるのか知りたい
  • 美容に興味を持ち始めたけど、何から手を付けたらいいか分からない

上記のように考えているかもしれません。

男性の肌は、女性に比べてシミができやすいと言われています。

シミは、放っておくと老けて見られる原因にもなるので、早めの対処がおすすめです。

また、シミにもいくつか種類があり、治療法はさまざまです。

シミの原因やメカニズムなど、男性のシミに関する情報を紹介するので、シミ治療の参考にしてください。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

男性のシミと、女性のシミの違い

男性のシミは、女性のシミに比べて根が深く、複雑な構造であることがわかっています。

また、男性のシミは女性と比較して、シミの元であるメラニンの集合体『メラノソーム』の含有量が多いのが特徴です。

さらに、男性のシミの「複雑な構造」の部分にメラノソームが蓄積されることで、男性のシミは濃く見えてしまいます

男性のシミは根が深く、複雑な構造であるため、シミを消すためには外側からのケアだけでなく、内側から(食事や内服薬など)のケアを併用したほうが効果を実感しやすくなります。

意外かもしれませんが、男性の肌は女性よりもシミができやすいのです。

シミができる原因

シミができる原因

シミができる1番の原因は紫外線をあびることですが、他にもさまざまな原因があり、いくつもの要因が重なってできる場合もあります。

  • ホルモンバランスの変化
  • 体質や遺伝
  • ストレス
  • ターンオーバーの乱れ
  • 虫さされあとの色素沈着

また、原因によってできるシミの種類も異なり、シミへの対処法もそれぞれです。

シミができるメカニズム

シミができるメカニズム

皮膚が紫外線をあびると、まずメラノサイトという色素細胞が活性化し、シミ・そばかすの元となる「黒色メラニン」をつくります。

通常は、この「黒色メラニン」は垢とともに排出されていくのですが、肌の新陳代謝が落ちていると表皮に残ってしまうことがあるのです。

また、ニキビや傷の痕が残って色素沈着となり、シミになる場合もあります

若ければ傷痕は時間の経過とともに消えますが、年齢を重ねるごとにシミになって残る可能性が高まるでしょう。

男性のほうが女性よりもシミができやすい原因

紫外線対策の意識が低い

一般的には、男性の方が紫外線にさらされてきた期間が長いため、紫外線による肌ダメージが蓄積しています。

また、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりする習慣がない男性はまだまだ多いため、現在でも紫外線を直接浴び続けている人は多いのです。

髭剃りによる肌ダメージ

男性は毎日の髭剃りの際、ヒゲと同時に皮膚の表面にある角質層も一緒に落としてしまい、皮膚のバリア機能が低下してしまいがちです。

また、髭剃りによる肌ダメージが蓄積することで、色素沈着を引き起こす場合もあります。

男性と女性では肌質が違う

男性と女性では肌質が違う

一般的に男性は女性と比較して肌の水分量が少なく、一方皮脂分泌量は多くなります。

肌の水分が少なく乾燥していると肌のバリア機能が低下するため、シミができやすい状態になってしまうのです。

スキンケアの際はこの点を意識してケア用品を選んでいただくとよいでしょう。

アルコールなどの生活習慣の違い

男性の方が、女性よりも飲酒率が高く、飲酒量も多い傾向にあります。

脂質や糖質の多い食生活により、シミができやすい体質になるため、生活習慣によるシミの発生率は高くなります。

シミ・肝斑治療

シミができやすい人の特徴

シミができやすい人の特徴

シミの原因に紫外線が大きく関わっていることは前述した通りですが、同じだけ紫外線を浴びていても、シミができやすい人とできにくい人がいます。

下記のような方はシミができやすいと考えられ、注意が必要です。

  • 色白の人
  • 親や兄弟にもシミが多い人(遺伝)
  • 糖分や脂質の多い食生活をする人
  • ストレスの多い人

漢方では、シミは、血(けつ)のめぐりが悪い状態で起こると考えられています。

ちなみに血とは、全身に栄養を与えるもののことで、めぐりが悪いと肌のターンオーバーがスムーズでなくなってしまうのです。

体を温める食材は血のめぐりをよくする働きが期待できるので、しょうがやネギなどの食材を積極的に摂取することをおすすめします。

シミの種類

シミには大きくわけて6つの種類があり、シミの種類によって、対処法は異なります。

1.老人性色素班(日光性色素斑または日光黒子)

老人性色素斑は、色が均一で濃く、境目がはっきりした見た目が特徴のシミです。

老人性色素斑ができる原因は紫外線による肌ダメージの蓄積で、紫外線から身を守るために黒色メラニンを生成した結果、シミとなって残ってしまいます。

また、加齢によって肌の代謝機能が低下することで、メラニンがうまく排出されず、肌に残る場合もあります。

老人性という名前ですが、20歳代後半〜見られることのある頻度の高いシミです。

2.そばかす(雀卵斑)

色白の人や遺伝によってできやすく、ほぼ均一な大きさの小さな斑点が、鼻や頬など左右対称に表れるのが特徴です。

老人性色素斑と比べて若い時期から問題になりやすいです。

そばかすは、遺伝的にメラニンの生成を促進させる素因を持っていることが原因と考えられていて、メラニンの生成が活性化することで現れます。

3.肝斑

頬骨の高い位置に左右対称にできるシミで、輪郭がぼやけて広範囲にできやすく、紫外線や女性ホルモンが影響して発生するとされているシミです。

女性にできやすいとされ、その理由として妊娠中や更年期など、女性ホルモンが乱れることでメラノサイトが活性化し、メラニンを生成することで現れると考えられています。

しかし、男性にも女性ホルモンが存在するので、ホルモンバランスの変化によって、肝斑ができる可能性は十分にあるのです。

4.色素沈着(くすみ)

ニキビや虫刺されなど、炎症を起こしたあとにできるシミで、基本的には時間の経過とともに徐々に薄くなる特徴がありますが炎症が長引いた場合はなかなか引かず問題となります。

かぶれや火傷など、炎症を起こすことでメラノサイトが活性化されると、黒色のメラニンが大量に生成されます。

5.ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADMは、額の両側や頬骨などにいくつかまとまって出現するシミです。

シミに見えますが、実はシミではなく、後天性のアザの一種で、肌の真皮層に現れる特徴があります。

遺伝や紫外線、ホルモンバランスが原因と考えられていますが、明確には特定されていません。

6.脂漏性角化症

イボのように膨らんだ形をしているものや、平なものがあり、触るとザラザラしているのが特徴です。

老人性イボともよばれ、年齢とともにできやすく、加齢によって少しずつ大きくなったり数が増えたりもします。老人性色素斑から進展して盛り上がってくることが多いです。

原因は老化によるもので、紫外線や摩擦による肌ダメージの蓄積により、イボとなって現れます。

シミによく似た皮膚がん

皮膚がんは、色が黒く、一見ほくろに見えてしまいます。

悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれる「ほくろのがん」は、シミと似ていますが、日本人の場合は手足などの末端部分に生じることが多い特徴があります。

  • 左右非対称
  • 形がぼやけている
  • 黒や茶色以外の多彩な色(青・白・灰色など)
  • 6㎜を超える大きさ
  • 表面が隆起している

急にできたり、急に大きくなったりするほくろの場合は悪性黒色腫の可能性があるので、一度皮膚科を受診しましょう。

男性のシミを消す方法

男性のシミを消す方法

現段階では、男性の「シミを消す」方法は、シミ治療しかありません。

シミ治療は、美容目的で行う場合は保険適用外で、自費診療となります。

また、シミの種類によっては、現代の医療では完全に消せない場合もありますが、ここでは今できるシミ消しの方法を紹介します。

美容皮膚科に通う

美容皮膚科では、皮膚にあるシミがどんな種類なのかがわかり、その種類に合わせた治療ができます

男性は特に、シミの構造が根深く複雑な特徴があるので、症状に合わせたシミ治療が必要です。

肌の表面からの治療と体の内側から治療をすることで、シミの症状に直接働きかけ、早期にシミを消せる可能性が高まるでしょう。

美容クリニックで除去する

手っ取り早くシミを消すためには、美容クリニックのレーザー治療がおすすめです。

レーザー治療は、一度で結果がわかる場合もあるので、即効性の高い施術方法といえます。

しかし、レーザーは、一度の料金も高額であり、濃いシミに関しては繰り返しの治療が必要です。

シミに必ず効果があるとはいえない割に、費用がかさむので、全員におすすめの方法とは言えません。

また、ダウンタイムなど、副反応が起こる場合もあるので、手軽にできないデメリットもあります。

レーザー治療のダウンタイムは赤みや腫れなどが出る場合もあるので、ビジネスパーソンはタイミングを検討する必要があるかもしれません。

シミ・肝斑治療

顔のシミを消す応急処置

大事な予定があるその日だけ、顔のシミを消す応急処置として使えるアイテムが、BBクリームやコンシーラーです。

BBクリームは、顔全体のトーンを整え色むらを補正し、薄いシミであればカバーできます。

ファンデーションほどのカバー力はありませんが、自然な色付きで男性でも違和感なく使いやすいアイテムです。

コンシーラーは、シミを部分的にカバーし、カバー力の高いものであれば濃いシミも隠せます。

シミが少ない人や、全体をカバーすることに抵抗がある人は、ピンポイントで使えるコンシーラーがおすすめです。

最近は、男性でもメイクする人が増え、男性専用の化粧品もありますので、手軽にシミを消したい人は、ぜひ取り入れてみてください。

男性のシミ予防と対策

男性のシミ予防と対策

日焼け止めを塗る

一昔前は、日焼け止めは女性が使うものというイメージがありましたが、男性用の日焼け止めも販売されるほど一般的になっています

数年前と比較しても、紫外線の量が増加して日焼けをしやすい環境であるため、シミもできやすい状況です。

今は、スプレータイプや泡タイプ、スティックタイプのものなど、便利に使えるアイテムも数多く販売されています。

毎日こまめに塗りなおせるように、使いやすくて負担が少ないアイテムを選び、紫外線対策をコツコツ続けましょう。

外用薬(塗り薬)を塗る

できてしまったシミは、シミの種類に合った医薬品を使って、適切に対処しましょう。

シミの予防ができるアイテムは多数存在しますが、今あるシミを消すことができるのは医薬品しかありません。

外用薬には市販品もありますが、自分のシミに合った医薬品であるかの判断ができず、場合によってはシミが悪化する可能性もあります。

外用薬を使う場合は、美容皮膚科などの専門機関で処方してもらい、自分の肌状態に合った適切なケアをしましょう

内服薬(飲み薬)を飲む

男性の複雑で根深いシミに対処するためには、内服薬でのシミケアがおすすめです。

内服薬にもさまざまな種類がありますが、ターンオーバーを促したり、肌の状態を整える処方薬もあります

外用薬同様、内服薬にも市販品はありますが、大衆向けに作られているので、効果を感じづらいというデメリットもあります。

シミの種類やシミの状態に合わせた処方薬でケアすることで、シミへの対処が効果的にできるので、一度皮膚科を受診してみましょう。

医薬部外品のスキンケアを使う

シミに効果的である有効成分が配合された「医薬部外品」のスキンケア製品で、シミを予防する方法もあります。

  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体

シミに効果が期待できる有効成分として、上記の美容成分が挙げられ、スキンケア製品に配合されています。

これらの美容成分の配合目的は「メラニンの生成を抑える」ことなので、今あるシミを消すことはできませんが、シミになる前の予防ができます。

ドラッグストアなどで気軽に購入できるので、これからできるであろうシミ予防として対策しましょう。

サングラスや帽子、日傘を活用

サングラスや帽子、さらには長袖やアームカバーなど、紫外線に直接当たらないための対策もおすすめです。

紫外線は目からも入ると言われているので、サングラスはファッションアイテムとしてだけでなく、紫外線対策としても有効です。

また、帽子も、ツバが広めのものや首もカバーできるものを選ぶことで、より一層紫外線から肌を守れます。

最近は男性用を意識したデザインの日傘も発売されています。

紫外線カット率が高いアイテムもあるので、日焼け止めを塗り忘れることが多い人や、手軽に紫外線対策したい人は取り入れてみてください。

シミの原因やメカニズムを知ってシミの悩みを解消しよう

シミの原因やメカニズムを知ると、どんな対策をしたらシミが出来にくくなるのか、どんな対処が必要かがわかります。

男性のシミは、複雑で根深い特徴があるので、シミへの対処も根気が必要です。

今回は、シミを消す応急処置から、シミを消すための治療方法まで、男性のシミに関する情報を紹介しました。

この記事で紹介したシミ予防と並行しながら、オンラインで完結する、便利なシミ治療をはじめてみませんか?

オンライン診療のANS.(アンス)ならスマホ1台でシミ治療ができる

  • 診察から処方薬の受け取りまでをスマホ1台
  • 処方薬はシミに合わせて完全オーダーメイド
  • 誰にもバレずにシミ治療
  • 肌悩みがあれば24時間相談可能
  • 定期縛りがないので1度の診察でもOK

スマホ1台で、隙間時間に診察が完了し、好きな場所に処方薬を配送できます。

簡単で便利なので、忙しい現代人にピッタリの治療方法で、負担なくシミ治療をはじめられるのです。

また、通院する必要がないのでプライバシーが確保され、周囲に気づかれずに治療を始められるのも特徴です。

まずはオンライン診療で、今あるシミの状態や必要な治療を知って、シミの悩みを解消しましょう。

オンライン シミ・肝斑治療「ANS.(アンス)」

スマホを通じて医師が診察。あなたに合ったオーダーメイド処方のシミ・肝斑の治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

男性のシミの消し方で最も効果的な方法は何ですか?

美容皮膚科で個別に治療を受ける方法が最も効果的ですが、応急処置としてBBクリームやコンシーラーで隠すこともできます。

男性のシミと女性のシミには何か違いがありますか?

男性のシミは女性よりも深く複雑な構造であり、メラノソームの含有量が多いことが違いの一つです。

肌のシミを予防する方法は何ですか?

日焼け止めを塗ることや適切なスキンケアを行うことが予防に役立ちます。

記事の監修者
竹村 昌敏
ANS.監修医 2008年高知医科大学医学部卒業。初期研修後都内の大学病院麻酔科入局。 その後、整形外科へ転科。2015年から医療×ITのスタートアップに参画し医療監修を務める。医療×IT分野の執筆多数。 医療×ITを美容医療に導入するべくANS.の立ち上げに参画。ANS.クリニック院長。

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /