肌悩み解決

ニキビケア専用化粧水は効くの?話題のシカ成分やニキビに効果的と言われる成分を大解剖!

ニキビケア専用化粧水は効くの?話題のシカ成分やニキビに効果的と言われる成分を大解剖!



化粧水の中には「ニキビ予防」などと書かれているものがあります。

しかし、「本当に化粧水にニキビに対する効果があるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ニキビケア専用化粧水がニキビの予防や対策に効果があるのかを解説します

併せてニキビ治療に効果的な方法も解説しているので、ニキビにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

オンライン ニキビ治療「ANS.(アンス)」

ニキビでお悩みですか?ANS.は、スマホを通じて医師に相談、診察(無料)。あなたに合ったオーダーメイド処方のニキビ治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

ニキビやニキビ痕ができる原因

ニキビやニキビ痕ができる原因

まずは、ニキビやニキビ痕はなぜできるのかを分かりやすく解説します。

私たちの肌は、常に古くなった角質が剥がれ落ちて新しい肌に生まれ変わっています。

これを「ターンオーバー」と言い、約28日のサイクルで行われています。

美肌を保つためにはターンオーバーが正常に行われることが重要ですが、加齢や間違ったスキンケア、紫外線、ストレス、睡眠不足、生活習慣の乱れなどが原因でターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと角質が剥がれ落ちずに毛穴に詰まってしまい、ニキビが発生してしまいます。

また、人の肌に常に存在している細菌の1つであるアクネ菌は、毛穴の詰まりが原因で皮脂が過剰に分泌されると増殖してニキビを引き起こします

発生したニキビが炎症を起こすとメラニン色素やヘモグロビンが沈着したり皮膚がクレーター状に陥没してしまったりしてニキビ痕になります。

ニキビ治療

ニキビケア専用化粧水は効果があるの?

ニキビケア専用化粧水は効果があるの?

結論から言うと、ニキビケア専用化粧水はニキビの予防や改善に効果が期待できます。

ニキビケア化粧水は、ニキビに効果が期待される成分が配合されているからです。

また、ニキビケア専用化粧水には「化粧品」「医薬部外品」の2つの種類があり、それぞれに特徴があります。

ニキビケア専用化粧水について、詳しく見ていきましょう。

化粧品と医薬部外品の違い

市販の化粧品は法律により「化粧品」と「医薬部外品」に分類されています。

「医薬部外品」は予防や皮膚などを清潔に保つことを目的として作られたものです。

有効成分を表示することができ、「美白」や「ニキビ予防」などの効果や効能を記載できます。

それに対して「化粧品」は清潔にする、美しく見せる、魅力を増すなどを目的として作られた美容商品で、全成分の表示が義務づけられていますが、有効成分は記載できません。

ニキビケア専用化粧水の選び方

ニキビケア専用化粧水を選ぶ際には、次の3つのポイントに注意しましょう。

医薬部外品を選ぶ

上記で解説したように医薬部外品には有効成分が配合されているので、自分のニキビに合った化粧水を選ぶことができます。

ノンコメドジェニック処方を選ぶ

ニキビができやすい人は、「ノンコメドジェニック処方」であるかどうかもチェックしましょう。

ノンコメドジェニックとはコメド(毛穴に皮脂や角質が詰まって膨らんだ状態)を作りにくい、という意味。

化粧品に含まれている油分はアクネ菌のえさとなってしまい、ニキビができやすくなったり悪化したりすることがあります。

ノンコメドジェニック処方は油分などが抑えられている処方で作られているので、ニキビの発生を防ぐ効果が期待できます。

ただし全ての人にニキビができないわけではありません。

自分のニキビに効果がある成分が含まれているものを選ぶ

ニキビには赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビなどの種類があり、それぞれ効果がある成分が異なります。

そのため、含まれている成分をチェックして、自分のニキビに合ったものが含まれている化粧水を選ぶことが大切です。

ニキビ・ニキビ痕に効果がある成分

ニキビ・ニキビ痕に効果がある成分

ニキビ・ニキビ痕に効果が期待できる成分には以下のものがあります。

ニキビケア専用化粧水を買う場合には成分をしっかりチェックして、自分のニキビに合ったものを選んでください。

ニキビ全般に効果が期待できる成分

  • セラミド・・・保湿・バリア機能を高める
  • コラーゲン・・・ニキビ痕の改善
  • ヒアルロン酸・・・保湿・ニキビ痕の改善
  • アミノ酸・・・保湿効果
  • ビタミンA・・・皮脂の過剰分泌を抑える、ターンオーバーを正常にする
  • ビタミンB6・・・皮脂の分泌を正常に保つ
  • ビタミンC誘導体・・・皮脂の過剰分泌を抑える メラニン色素の沈着を抑える
  • ビタミンE・・・ターンオーバーを促進する、ニキビ痕を修復する
  • グリコール酸・・・ターンオーバーを正常にする・角質を除去する
  • トラネキサム酸・・・メラニン色素の沈着を防ぐ・抗炎症作用
  • シカ成分(CICA)・・・乾燥や紫外線によるダメージの回復・抗炎症作用・殺菌作用

白ニキビ・黒ニキビに効果が期待できる成分

  • イオウ・・・殺菌
  • イソプロピルメチルフェノール・・・殺菌
  • 感光素201(ピオニン)・・・殺菌

赤ニキビ・黄ニキビに効果が期待できる成分

  • アラントン・・・抗炎症作用
  • グリチルリチン酸ジカリウム・・・抗炎症作用
  • ε-アミノカプロン酸・・・抗炎症作用
ニキビ治療

ニキビ治療には医療用医薬品が効果的

ニキビ治療には医療用医薬品が効果的

ニキビケア専用化粧水はニキビやニキビ痕に効果が期待できますが、あくまでもケアが目的です。

ニキビは対応が遅れて炎症を起こしてしまうとニキビ痕ができやすくなるため、早期治療やニキビの種類に合った治療が重要です。

ニキビができてしまった場合は、市販の医薬部外品よりも「医療用医薬品」による治療の方がより高い効果を期待できます。

医療用医薬品とは、医師の診察を受けて処方をしてもらい、医療機関や保険薬局で調剤してもらったもののことを言います。

医療用医薬品は医薬部外品よりも有効成分の含有量が多く、市販薬では取り扱っていない成分が含まれていることもあるため、より高い効き目が期待できます。

医療用医薬品にはどのようなものがあるのかを紹介しましょう。

ビタダン

ビタダンは、ビタミンB1、B2、B6、B12の混合薬。

タンパク質や脂質の代謝を良くしたり肌を健康な状態に導いたりする効果があります。

そのため、ターンオーバーを促進する、ニキビを予防・改善する、色素沈着を防いでニキビ痕をできにくくする、などの効果が期待できます。

シナール

ビタミンCとパンテトン酸(ビタミンB群の1つ)が含まれています。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進したりメラニンの生成を抑制したりする働きがあります。

パンテトン酸はビタミンCの働きを助ける、皮脂の過剰な分泌を防ぐなどの働きがあるため、肌のハリを保ったりシミや色素の沈着を防ぎニキビ痕をできにくくしたりします

ハイチオール

ハイチオールに主に含まれている「L-システイン」の作用には、肌の代謝を助ける・正常にする、抗酸化作用(身体をサビさせてしまう活性酸素を除去する働き)があります。

そのため、ターンオーバーを正常にして毛穴の詰まりを改善したり、炎症を防いだりする効果があります。

ユベラ

活性酸素を除去する働きがあるビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)を含んでいます。

また、肌のバリア機能を高めたり新陳代謝を促進したりして肌荒れを防ぎ、美肌に導く効果もあります。

ディフェリンゲル

角質の生成を調整する働きがあるため、毛穴の詰まりを改善します。

ニキビ全般に効果がありますが、とくに初期のニキビの改善に効果が期待できます。

ディフェリンゲルは効果は高いのですが、皮膚がひりひりする、赤くなる、細かく剥がれるなどの副作用が起きやすい薬です。

ただし、ほとんどの場合症状は軽く、続けて使用していると自然に改善することが多いとされています。

医療用医薬品はクリニックに通わなくても手に入れることができる!

医療用医薬品はクリニックに通わなくても手に入れることができる!

ここまで読んだ方の中には「効果が高い医療用医薬品が欲しいけれど、忙しくて病院に行く時間がない」と思った人も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが「オンライン診療」です。

オンライン診療はパソコンやスマートフォン、タブレットなどで医師の診察や処方を受ける診察・治療方法です。

病院に出向くことなく自宅や会社などで診察を受けることができ、会計や処方薬の手配もすべてオンラインで完結。

そのため、これまで忙しくて病院に行くことができなかった人も診察・治療を受けることができます。近年では、コロナ対策としても注目を集めています。

ニキビ治療

オンライン診察ならANS.(アンス)がおすすめ!

オンライン診察ならANS.(アンス)がおすすめ!

オンライン診察を受けるのなら「ANS.(アンス)」がおすすめです。

ANS.は、美容クリニックを運営していた会社が提供する新しいサービスで、以下のメリットがあります。

病院に行かずに医療用医薬品での治療を受けることができる

ANS.(アンス)では医師がチャットやビデオ電話を使って問診や診察を行います。

直接診察できなくても、クリニックに蓄積された肌データを基に精度の高い診断を行うことができます。

また、科学的に効果が期待できる「医療用医薬品」が処方されるため、市販の薬より高い効果が期待できます。

24時間いつでも診察を受けることができる

24時間いつでも診察を受けることができるので、仕事の合間や仕事が終わった後、子どものお昼寝時など自分の都合の良い時間に診察を受けることが可能です。

診察方法を選ぶことができる

診察はビデオ通話とチャットの2つの方法があり、自分の好きな方を選ぶことができます。

無料で肌の悩みを相談できる

ANS.(アンス)では「HADA相談室」を設けているので、クリニックで診察を受けるほどではないちょっとした悩みをいつでも相談できます。

相談の結果、今後の治療内容を変更した方が良いと判断した場合はそのまま医師の診断を受けることができるため、その時々の自分の肌に最適な治療を受けることが可能です。

また、薬だけではなく、スキンケアや食事、生活習慣までニキビのケアに必要なサポートを行ってくれるので、最短距離で理想の肌に近づけます

相談に乗ってくれるのは美容皮膚科の医師監修のプログラムにて座学研修を完了し、3ヶ月のOJTに合格したカウンセラーのみなので、安心して相談できます。

薬を取りに行く必要がない

薬を取りに行く必要がない

ニキビは慢性疾患なので、治療に時間がかかります。

一見良くなったように見えても自己判断で治療を止めると元の悪い状態に戻ってしまい、ニキビ痕ができてしまう場合もあります。

ANS.(アンス)では薬は毎月自宅に届けられるので、病院に取りに行く必要がありません。

薬を取りに行くのを忘れて治療ができなくなる心配もなく、最後までしっかりと治療できます。

スマホですべて完結

スマホやパソコンですべて完結

病院によってはオンライン診療ができても初診だけは足を運ばなければならないところもあります。

ANS.(アンス)は初診から支払いまですべての過程をオンラインだけですますことができるので、忙しい人でも診察・治療を受けることが可能です。

すぐに治療が開始できる

ニキビは放置して炎症を起こすと痕になりやすいので、早期治療が重要です。

「オンライン診療だと薬による治療の開始が遅いのではないか?」と心配する人もおられるかもしれませんが、ANS.(アンス)は最短で当日に薬が発送されるので、病院に行って薬を貰った場合や市販品を買った場合とほとんど変わらずすぐに治療を開始できます。

まとめ

ニキビケア専用化粧品はニキビの予防・改善に効果がある成分を含んでいるので、ニキビ対策に効果が期待できます。

化粧品と医薬部外品の2つの種類がありますが、購入の際は有効成分が表示されている医薬部外品を選ぶといいでしょう。

ただし、ニキビケア専用化粧品はあくまでも「ケア」が目的です。

ニキビができてしまった場合は、炎症が起きるまえにすばやく対処することが重要です。

ニキビができてしまった場合は、市販品ではなく「医療用医薬品」を使って治療すると、より高い効果が期待できます。

医療用医薬品は医師の処方が必要ですが「オンライン診療」を利用すると病院に行かなくても医師の診断・処方を受けて治療することが可能です。

オンライン診療を選ぶのなら24時間いつでもどこにいても医師の診察を受けることができるANS.(アンス)がおすすめ。

医師の診察だけでなくちょっとした肌の悩みも気楽に相談できるので、安心できます。

ニキビの予防や治療にお悩みの方はぜひ、お試しください。

オンライン ニキビ治療「ANS.(アンス)」

ニキビでお悩みですか?ANS.は、スマホを通じて医師に相談、診察(無料)。あなたに合ったオーダーメイド処方のニキビ治療薬をご自宅までお届けします。

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

記事の監修者
竹村 昌敏
ANS.監修医 2008年高知医科大学医学部卒業。初期研修後都内の大学病院麻酔科入局。 その後、整形外科へ転科。2015年から医療×ITのスタートアップに参画し医療監修を務める。医療×IT分野の執筆多数。 医療×ITを美容医療に導入するべくANS.の立ち上げに参画。ANS.クリニック院長。

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /