エイジング

美肌におすすめの内服薬ランキング10選!治療のポイントも解説【皮膚科でもらえる】美肌におすすめの内服薬ランキング

  • 美肌に有効な内服薬の種類を知りたい!
  • 飲みたい処方薬を指定することはできる?
  • 私の肌におすすめの美肌内服はどれ?

この記事を読むあなたは、そう悩んでいるかもしれません。

結論、美肌内服は、内服薬を、美肌目的で服用することです。医師の処方のもと、問題がなければ自分の好きな薬を服用できることが特徴です。

この記事では、美肌におすすめの内服薬ランキング10選を厳選してご紹介します。美肌内服薬の効果を引き出すポイントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン美肌治療「ANS.(アンス)」

お肌の悩みをスマホで医師に相談、診察してみませんか?(相談無料)あなたに合った美肌治療薬を最短翌日でご自宅にお届け!

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

美肌におすすめの内服薬ランキング10選!

美肌におすすめの内服薬ランキング

さっそくおすすめの美肌内服薬10選をご紹介します。

  1. トラネキサム酸
  2. ユベラ
  3. ビタミンC
  4. ビフロキシン
  5. シナール
  6. ハイチオール
  7. ハイボン錠
  8. グルタチオン
  9. ミヤBM錠
  10. ビオチン
ANS.magazineでは美肌ケアの参考としてお薬の情報を掲載しております。ANS.で取り扱いのあるお薬や在庫状況については、別途お問い合わせください。

トラネキサム酸

トラネキサム酸
肌悩み シミや肝斑
色素沈着のニキビ跡
効果 美白効果
のどの痛みや口内炎など炎症を抑える効果
生理や怪我による出血を止血する効果
副作用 食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、眠気、そう痒感、発疹など

トラネキサム酸は、色素沈着や肝斑の治療に効果的な成分です。抗炎症作用を持ち、メラニンの生成を抑制することで、シミやくすみの改善に寄与します。

また、肌の赤みや炎症を軽減する効果もあり、美白効果を高めるために広く使用されています。肝斑治療においては特に有効で、多くの美白製品や内服薬セットに含まれています。

ユベラ

ユベラ
肌悩み シミや肝斑
毛穴詰まりの改善
シワ・たるみの改善
効果 血行促進
抗酸化作用
ターンオーバー促進作用
副作用 便秘、胃部不快感、下痢、発疹など

ユベラは、ビタミンEの一種であるトコフェロールを主成分とする薬です。抗酸化作用が強く、肌の老化を防ぎ、しわやたるみの改善に役立ちます。血行を促進する効果もあり、肌の血色を良くし、健康的な肌色を保つのに効果的です。肌の保湿力を高め、乾燥を防ぐ効果も期待できます。

ビタミンC

ニキビの内服薬とは?
肌悩み シミ
毛穴
乾燥
たるみ
ハリツヤ
効果 抗酸化作用
コラーゲン生成促進
美白効果
保湿効果
抗炎症作用
皮脂抑制
副作用 下痢、胃部不快感、悪心、嘔吐など

ビタミンCは、美白と抗酸化作用に優れた成分です。メラニンの生成を抑制し、シミやくすみを改善します。また、コラーゲンの生成を促進し、肌の弾力性を高め、しわを防ぎます。フリーラジカルを中和することで、肌の老化を遅らせ、健康的な肌を維持する効果が期待できます。

ビフロキシン

肌悩み ニキビ
毛穴詰まり
シミやくすみ
効果 皮膚や粘膜を健康に保つ
皮脂分泌のコントロール
副作用 手足のしびれ、知覚の異常

ビフロキシンは、主としてニキビ治療に使用されるビタミン剤です。細菌の増殖を抑え、炎症を軽減することで、ニキビの原因となるアクネ菌を効果的に抑制します。皮脂分泌をコントロールし、毛穴の詰まりを防ぐ効果もあります。

シナール

シナール
肌悩み ニキビによる炎症の改善やニキビ予防
シミ・そばかすなどによる色素沈着の改善や予防
肌にハリを出す
効果 メラニンの合成を阻害する
炎症を抑制する
皮脂分泌量を抑制する
コラーゲンの生成を促進する
抗酸化作用
鉄分の吸収を促進する
副作用 胃腸の不快感や悪心、嘔吐、下痢

シナールは、アスコルビン酸(ビタミンC)とパントテン酸カルシウムを含む薬です。メラニンの生成を抑制し、美白効果を高めます。また、ビタミンCの抗酸化作用が肌の老化を防ぎ、しわやたるみの改善をサポートします。さらに、肌の免疫力を高め、トラブルを防ぐ効果も期待できる成分です。

ハイチオール

ハイチオール
肌悩み シミそばかすの改善
ニキビや肌荒れの改善
効果 代謝を促進することでターンオーバーを整える
粘膜のサポート
抗アレルギー作用
副作用 吐き気、下痢

ハイチオールは、L-システインを含む薬で、シミやそばかすの改善に効果的です。メラニンの生成を抑制し、既存のメラニンの代謝を促進することで、美白効果を発揮します。また、肝臓の働きを助け、全身の健康をサポートします。

ハイボン錠

肌悩み 皮脂のバランス調整
効果 ビタミンB2欠乏症の補充
口内炎、舌炎、口角炎、皮膚炎などの治療
栄養不良、妊娠・授乳期、成長期などにおけるビタミンB2の補給
副作用 下痢、悪心・嘔吐、胃膨満、腹部膨満

ハイボン錠(一般名:ビタミンB2酪酸エステル)は、ビタミンB2(リボフラビン)を含む医薬品で、主にビタミンB2の欠乏を補うために使用されます。ビタミンB2は、細胞の再生やエネルギー代謝に関与する重要なビタミンです。皮膚の乾燥や炎症、口内炎などの改善に役立ちます。皮脂の分泌を調整する働きにより、ニキビの改善を促します。

グルタチオン

肌悩み 美白
効果 ターンオーバーの促進
副作用 特になし

グルタチオンは、強力な抗酸化物質で、肌の美白とデトックス効果がある成分です。メラニンの生成を抑制し、シミやくすみを改善します。フリーラジカルを中和することで、肌の老化を遅らせ、しわやたるみの予防に役立ちます。また、肝臓の機能をサポートし、全身の健康を維持します。

ミヤBM錠

ミヤBM錠
肌悩み 肌荒れ
効果 腸内フローラの改善
腸内の酸性環境が維持され、有害な菌の増殖を抑える。
酪酸菌は腸のぜん動運動(腸が食べ物を押し出す動き)を正常化し、便秘や下痢を改善。
副作用 大きな副作用はありません

「ミヤBM錠」は、整腸剤の一種で、腸内環境を整えるために使用される薬です。ミヤBM錠の主成分は、酪酸菌(Miyairi菌)です。酪酸菌は、腸内で有益な効果を発揮することで知られている有用菌の一種です。

ニキビは肌(毛穴)で炎症が起こることで生じますが、便秘があるとニキビが悪化してしまうことがあります。このような場合は整腸剤を使って腸内環境を整えてあげることで、ニキビの改善効果も期待できるでしょう。

ビオチン

ビオチン
肌悩み ニキビ
肌荒れ
効果 アミノ酸の産生
アレルギー症状の緩和
副作用 特になし

ビオチンは、ビタミンB群の一種で、皮膚の健康を維持するのに重要です。細胞の生成と再生を助けることで、肌のターンオーバーを促進し、健康的な肌を保ちます。皮脂の分泌を調整し、ニキビや乾燥を防ぐ効果も期待できます。また、爪や髪の健康もサポートする成分です。

なぜ美肌に内服薬が必要なの?

なぜ美肌に内服薬が必要なの?

外側からのスキンケア(化粧水、クリーム、マスクなど)は、肌の表面層に直接作用することで、保湿やバリア機能の強化を目指します。しかし、肌の健康や美しさは、表面だけでなく、内部の細胞や組織の健康にも大きく依存しています。

内服薬は、体内から必要な栄養素を補給し、細胞レベルでの改善を促すことで、外側からのケアだけでは達成しにくい効果を得ることが可能です。

肌の健康を維持するためには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素が必要です。例えば、ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用があり、肌の老化を防ぎます。またビタミンB群は皮膚の代謝をサポートします。

これらの栄養素を食事だけで十分に摂取するのは難しい場合があるため、内服薬で補うことが有効です。

内服薬で美肌治療をする際のポイント

内服薬で美肌治療をする際のポイント内服薬で美肌治療をする際のポイントは主に3つあります。

  • お悩みに合った薬があるか確認する
  • 2~3ヶ月は続けてみる
  • 外用薬と併用する

それぞれ詳しく解説します。

お悩みに合った薬があるか確認する

内服薬で美肌治療を行う際には、まず自分の肌の悩みを明確にし、それに合った成分が含まれている内服薬を選ぶことが必要です。

薬を自分で選べない方は、お悩み別に、内服薬があらかじめ組み合わさっている内服薬セットを選ぶとよいでしょう。

しかし美容内服セットは、内服薬が決まっていることがあり、自分に合ったプランがあるとは限りません。

より自分の肌状態や体質に合った薬を組み合わせたいかたは、オーダーメイド処方がおすすめです。皮膚科医や専門家が肌の状態を診断し、肌の悩みに応じた必要な成分を特定します。

たとえば、毛穴悩みは、加齢による毛穴の開きか、皮脂詰まりによる毛穴の目立ちのどちらかによって、必要な薬が変わりますよね。

オーダーメイド処方なら、一人ひとりのお悩みの原因をふまえた上で必要な薬をカスタマイズできます。

2~3ヶ月は続けてみる

すぐに効果を実感できなくても、2~3ヶ月続けて服用することが大切です。肌の細胞は約28日周期で生まれ変わるため、内服薬の効果が現れるまでには時間がかかります。じっくり時間が必要だと考慮し、治療に取り組みましょう。

内服薬の効果は、継続的に摂取することで徐々に蓄積されていきます。

薬が合わなくて治療の効果が出ない場合も、医師と伴走していれば適切なタイミングで別の処方薬を試すことが可能です。

外用薬(塗り薬)と併用する

内服薬と外用薬を併用することで、美肌治療の効果をより実感しやすくなります。外用薬は、肌の表面に直接アプローチするため、即効性があり、内服薬の効果を補完できる点がメリットです。また外用薬は特定の部位に塗布できるため、悩みのある部位に集中してアタックできます。

内服薬と外用薬を併用することで、相乗効果が得られ、より効果的な美肌治療が可能です。

内服薬の購入にはオンライン診療がおすすめ

内服薬の購入にはオンライン診療がおすすめ

美肌内服薬は、処方薬が入手できるオンライン診療がおすすめです。その主な理由2つを、詳しく解説します。

  • 医師や美肌のプロが肌を診断して自分に合った薬を選んでもらえる
  • 自宅で薬が受け取れるので継続しやすい

医師や美肌のプロが肌を診断して自分に合った薬を選んでもらえる

オンライン診療は、スマホ一つで医師や美肌のプロが肌状態を診療します。近くに皮膚科がない方や、通院の時間が取れない方でも高品質な美肌治療を受けられます。

自己判断で市販薬を使用するよりも、自分の肌質にあった薬で治療できるでしょう。

自宅で薬が受け取れるので継続しやすい

診療予約から支払い、そして薬の受け取りまでがスマホやPCで完結し、薬が自宅に送付されたり近くの調剤薬局で受け取れたりするので、続けやすいこともメリットです。

移動や待ち時間の削減、キャッシュレス支払い、そして近場での薬の受け取りによって、時間とコストの節約が図れます。さらに、定期的なフォローアップやチャット相談を活用することで、治療の中断を防ぎ、効果的な継続治療をサポートします。

忙しい方や、クリニックの選択肢が少ない地域の方でも、無理なく継続できるのがオンライン診療です。

【無料】スマホで簡単に肌診断!

【無料】スマホで簡単に肌診断!自分の肌タイプが分からない!そんな方に向けてANS.(アンス)では肌トラブルの原因と治療ポイントが分かる肌診断を行っています。

皮膚科医の検収を受けたプロのスキンアドバイザーが、スキンケアや食生活も含めて美肌のアドバイスをします。

伴走型で一緒に美肌を目指せるANS.(アンス)を、ぜひお試しください。

ANS.の内服薬で美肌治療をした症例

ANS.の内服薬で美肌治療をした症例
ANS.の内服薬で美肌治療をした症例

【まとめ】内服薬で内側から輝く美肌を目指そう

美肌を手に入れるためには、外側からのスキンケアだけでなく、内側からのケアも欠かせません。

内服薬は、体内から肌の健康を改善し、綺麗で透明感のある肌を目指すための強力なサポートとなります。内服薬の中でも、安全性と薬効が認められているので、処方薬がおすすめです。

薬をもらうためだけに皮膚科に行くのはちょっと…

そんな方には、ANS.のオンライン診療がおすすめです。

そもそもANS.とは?

『ANS.』は、日々忙しい現代人に向けて、手軽で便利なオンライン診療を行っている伴走型のオンライン美肌治療サービスです。

スマホが1台だけで、診察から処方、処方薬の配達までが完結。予約不要で診察を受けられるので、隙間時間でも利用できます。

診察は、チャット形式で気軽に相談可能。自分のタイミングで落ち着いて相談ができます。

ANS.には、決まったセットやプランなどはありません。一人ひとりに合わせた完全オーダーメイドの処方を医師が行っています。

なお、お薬は1種類から配送可能で、定期しばりはありません。いつでも解約できます。

また、HADA相談室ではお薬の処方についてはもちろん、スキンケアの指導も行えます。

診療は無料で、お薬の受け取りが確定して初めて料金が発生します。お気軽に無料の肌相談をお試しください。

オンライン美肌治療「ANS.(アンス)」

お肌の悩みをスマホで医師に相談、診察してみませんか?(相談無料)あなたに合った美肌治療薬を最短翌日でご自宅にお届け!

今だけ診察料&配送料 2,200円分が無料!

関連記事

\ 診察料・配送料ずーっと0円 /